俳句ポスト投稿の勉強・「カメラワーク、その2」  

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。

 今のネット社会を踏まえ、俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。

 「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。その選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代超一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 日本全国広しと言えども、俳句作りの学びの場として、「俳句ポスト365」→夏井いつき先生→プレバト→「俳句ポスト365」→夏井いつき先生→プレバトといった、言わば循環学校に勝るものはない。

 津軽わさおのこれまでの人生による経験則が、そう言わしめる。だから、俳句集団「宇宙(そら)」は、「俳句ポスト365」への投稿によって、日本全国を視野に入れつつ、挑戦しているつもりである。


  「俳句ポスト365」においては、各回の月曜日から金曜日までのすべてが勉強になる。そのうちでも、とりわけ金曜日発表の天の俳句1句、地の俳句9句及び夏井いつき先生の講評が大変重要だ。その中から、自分の俳句作りとの関連で、何を学ぶか。

  「俳句ポスト365」の第151回 2016年7月7日週の兼題は、「鵙の贄(もずのにえ)」である。兼題の説明に曰く。

鵙の贄(秋の季語)「もずのにえ」。肉食の小鳥である鵙が、その習性として、捕らえた虫や、蛙、蜥蜴などの小動物を木の枝などに刺しておいたもの

 津軽わさおは、今回の「鵙の贄」で、俳句の作り方における「カメラワーク」について改めて学ぶことができた。


 俳句の作り方における「カメラワーク」について、「俳句ポスト365」でこれまでに学んだことを振り返ってみた。

 記憶を辿ると、「俳句ポスト365」の第144回 2016年3月31日週の兼題「鮓(すし)」に係る以下に掲げる地の俳句中の1句及び選者の夏井いつき先生の講評がヒットした。

 湿原の真中の宿の熟るる鮓   地選  糖尿猫

 広い光景からズームアップしていく手法ですが、それにしてもここまでズームアップするか?!とも思いました(笑)。上五「湿原」ですから、山中でしょうね。その「湿原」の真ん中の「宿」で客をもてなすためにつけられた「鮓」が熟れていく。

 熟れ鮓とは、魚が貴重なものである山国の知恵というやつなのでしょう。夜の風にのって匂ってくる「湿原」の湿りが、「熟るる鮓」と相俟っての一句です。

 この俳句のカメラワークは、広い光景からズームアップしていく手法であり、山→山中→湿原→湿原の中の宿→熟るる鮓と移っていく。言わば、大きい光景からだんだんにより小さい光景へとカメラは映し出していく。

 これに対し、今回の「鵙の贄」係る地の俳句中の1句におけるカメラワークは、後述するように、①大きい光景から→②小さい光景→③それより小さい光景→④ ②よりは大きい光景→⑤ ④の大写し、といった流れで移っていく。

 つまり、俳句の作り方における「カメラワーク」には、いろいろなやり方があるということだ。


 何事も勉強の意味で、「鵙の贄」に係る地の俳句9句中の1句及び選者の夏井いつき先生の講評を以下に掲げる。

 火山灰積もり乾ぶる脚や鵙の贄   地選   田中憂馬   

 さまざまに「鵙の贄」の「乾ぶる脚」を見せてもらった今週でしたが、「火山灰(よな)」が降り積もる地の光景に凄みがあります。

 広い光景を思わせる「火山灰」から「脚」へのズームアップ。さらにそれが「鵙の贄」だと分かるサイズへと画面が切り替わるあたりのカメラワーク、巧いなあ。

 以上に関する津軽わさおの勉強したところを以下に掲げる。

 掲句は、「鵙の贄」の贄そのものだけを描写するのではなく、「鵙の贄」が置かれている周囲の場を含めて詠み込んでいる句である。

 夏井いつき先生は、その描写の仕方としてのカメラワークを褒めておられる。

 具体のカメラワークは、「火山灰」が降り積もっている地→「脚」→その「脚」は「乾ぶる脚」→「贄 」→「鵙の贄」と移る。

 つまり、ズームの流れは、「火山灰」の地という遠景→「脚」という近景→それが「乾ぶる脚」を示す、より近景→「贄 」であることを観せる中景→「鵙の贄」であることを示す、少しの大写し、といったものである。

 大事なのは、「火山灰」の地という遠景、から瞬時に切り替わって、「脚」という近景に移る点である。読者は、先ずもって、この遠から近への極端な展開に驚かざるを得ない。




 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。



  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード