わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、118回目

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年10か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

 「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第246回 2020年6月25日週の兼題は、「藤袴(ふじばかま)」である。兼題の説明に曰く。

藤袴(秋の季語)キク科の多年草。人の背丈ほどに伸び、河原などに自生するほか、庭園などでも栽培される。花は藤色で、弁の形が筒状で袴をはいたようなのでこの名がある。


  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽ちゃう  人選

  驕ること知らず定年藤袴

津軽まつ   人選

 落人の落ちゆく気色藤袴

篠田ピンク  人選

  藤袴手折り生き様同じゅうす

野々原ラピ  人選

 阿修羅の眉に潜む無邪気や藤袴

津軽わさお  並選 

 藤袴団塊世代持つ気骨


 つまり、メンバー5人で、4人選、1並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で118回目であるが、前回の117回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が16回、4人選が23回、3人選が34回、2人選が20回、1人選が17回、0人選=5並選が6回であり、今回は、24回目の4人選である。


 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、117回目(備忘録)

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年10か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

 「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第245回 2020年6月11日週の兼題は、「蝉(せみ)」である。兼題の説明に曰く。

蝉(夏の季語)半翅目セミ科の総称。世界には約2千種がおり、日本にいるのは32種といわれる。およそ5年前後を幼虫として土中で過ごした後、地上に出て羽化し成虫となる。


  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽わさお  人選 

 蝉時雨陸軍墓地を濡らしけり

津軽ちゃう  人選

 ふるさとの訛りは持たず蝉の声

津軽まつ   人選

 夕闇の深みに弱る蝉の声

篠田ピンク  人選

 夕蝉に起こされ待てば母帰る

野々原ラピ  人選

 蝉時雨三陸の海いま平ら
 

 つまり、メンバー5人で、5人選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で117回目であるが、前回の116回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が15回、4人選が23回、3人選が34回、2人選が20回、1人選が17回、0人選=5並選が6回であり、今回は、16回目の5人選である。


 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村






わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、116回目(備忘録)

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年10か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

  「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第244回 2020年5月28日週の兼題は、「プール」である。兼題の説明に曰く。

プール(夏の季語)かつては河川を利用した天然プールも多く、水泳場、水泳所などといった。今では年中利用できる屋内プールも増えたが、思い切り夏を楽しむ風景が拡がるのは屋外のものであろう。


  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽わさお  人選 

 金婚の縁始まりしプールかな

津軽まつ   人選

 握り飯二つ目掴むプール際

篠田ピンク  人選

 白熱のプールサイドや龍うねる

野々原ラピ  人選

 啄木の十五の心浮くプール

津軽ちゃう  並選

 足痙りて悶ゆるプール吾と彼女


 つまり、メンバー5人で、4人選、1並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で116回目であるが、前回の115回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が15回、4人選が22回、3人選が34回、2人選が20回、1人選が17回、0人選=5並選が6回であり、今回は、23回目の4人選である。


 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、115回目(備忘録)

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年9か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

  「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第243回 2020年5月14日週の兼題は、「翡翠(かわせみ)」である。兼題の説明に曰く。

翡翠(夏の季語)「かわせみ」。カワセミ科の鳥の総称。全長約17cmで雀ほどの大きさ。腹部は赤褐色、背面は瑠璃色をしている。渓流などに見られ、矢のような速さで水に飛び込んで魚を捕らえる。


  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽わさお  人選 

 翡翠の一閃の喝大河覚む

津軽ちゃう  並選

 翡翠の色にて仕舞う巡礼よ

津軽まつ   並選

 兢兢の暇無き魚翡翠来

篠田ピンク  並選

 翡翠の声に色増す川の青

野々原ラピ  並選

 老いたりと言うな翡翠色褪せぬ


 つまり、メンバー5人で、1人選、4並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で115回目であるが、前回の114回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が15回、4人選が22回、3人選が34回、2人選が20回、1人選が16回、0人選=5並選が6回であり、今回は、17回目の1人選である。


 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村



 

わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、114回目(備忘録)

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年8か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

 「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第242回 2020年4月16日週の兼題は、「梅雨寒(つゆさむ)」である。兼題の説明に曰く。

梅雨寒(夏の季語)梅雨前線により雨の日が長く続くうちに、急に冷え込むことをいう。地域によっては北からの風が吹くなどしてさらに冷え込むこともある。


  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽わさお  人選 

 梅雨寒の啄木若し二十六

津軽ちゃう  人選

 梅雨寒や醤油に馴染むアジフライ

津軽ちゃう  人選

 梅雨寒し千人風呂に身を預く

津軽まつ   人選

 梅雨寒に酌むや縄文人の宿

篠田ピンク  人選

 梅雨寒や遠嶺の色の萎えて富士

野々原ラピ  並選

 梅雨寒に不老不死の湯黄金咲く


 つまり、メンバー5人で、5人選、1並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で114回目であるが、前回の113回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が14回、4人選が22回、3人選が34回、2人選が20回、1人選が16回、0人選=5並選6回であり、今回は、15回目の5人選である。


 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、113回目(備忘録)

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年8か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

 「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第241回 2020年4月2日週の兼題は、「鰻(うなぎ)」である。兼題の説明に曰く。

鰻(夏の季語)ウナギ科の魚。東アジア各地に分布。秋から冬に産卵のため川から海に下り、春先に再び川を上る。土用の丑の日には夏負けの対策として食される。


  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。
 
 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽ちゃう  人選

 ほら子規よ鰻なお食べ気張りなせ

津軽ちゃう  人選

 正直の儲けは消えて特鰻重

津軽まつ   人選

 鰻馬鹿なれど不倫はせざるなり

津軽わさお  並選 

 失楽園読みて重箱鰻馬鹿

篠田ピンク  並選

 復興の槌音高し鰻めし
 

野々原ラピ  並選

 美女同盟結び我らは鰻食う


 つまり、メンバー5人で、3人選、3並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で113回目であるが、前回の112回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が14回、4人選が22回、3人選が33回、2人選が20回、1人選が16回、0人選=5並選が6回であり、今回は、34回目の3人選である。


 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、112回目(備忘録)

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年8か月が経過したことになる。
 
 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

 「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第240回 2020年3月19日週の兼題は、「姫女苑(ひめじょおん)」である。兼題の説明に曰く。

姫女苑(夏の季語)「ひめじょおん」。北米原産のキク科の二年草。高さ約1m。6~10月、周囲が白色で中心が黄色い2cm程の頭状花を多数つける。


  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽わさお  人選 

 母許や龍を呼び寄す姫女苑

津軽ちゃう  人選

 廃炉視る夜ノ森の駅姫女苑

津軽まつ   人選

 姫女苑消ゆる宇宙の黒き穴

野々原ラピ  人選

 姫女苑艇庫へ担ぐ漕女たち

篠田ピンク  並選

 銅鑼の音に投げるテープや姫女苑


 つまり、メンバー5人で、4人選、1並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で112回目であるが、前回の111回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が14回、4人選が21回、3人選が33回、2人選が20回、1人選が16回、0人選=5並選が6回であり、今回は、22回目の4人選である。


 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、111回目(備忘録)

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年7か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

 「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第239回 2020年3月5日週の兼題は、「春暖(しゅんだん)」である。兼題の説明に曰く。

春暖(春の季語)「春」と付いてはいるが、単に「暖か」と言った場合でも春の季語となる。季節の変化によって生じる春の気候の暖かさのことをいい、気候に関わらない暖かさは季語とならない。


  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽わさお  人選 

 春暖の津軽青年艶笑譚

津軽ちゃう  人選

 春暖や夜ノ森駅の眼に廃炉

津軽まつ   人選

 廃校の我らつと春暖のハグ

篠田ピンク  並選

 春暖の音弾む園枝を切る

野々原ラピ  並選

 春暖の涙清けき閉校式


 つまり、メンバー5人で、3人選、2並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で111回目であるが、前回の110回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が14回、4人選が21回、3人選が32回、2人選が20回、1人選が16回、0人選=5並選が6回であり、今回は、33回目の3人選である。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、110回目(備忘録)

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年6か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

 「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第238回 2020年2月20日週の兼題は、「ボートレース」である。兼題の説明に曰く。

ボートレース(春の季語)明治期以降、各地で開催されているレガッタなどのボートによる競技。必ずしも春に開催されるものとは限らないが、競技の華やかさから、その気分と結びつき、春の季語として定着した。


  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽ちゃう  人選

 競漕や斗南藩士の裔の腕

篠田ピンク  人選

 競漕や水脈に乗りたる水鳥ら

津軽わさお  並選 

 熱帯びる競漕声が見せ所

津軽まつ   並選

 「ありがとう」競漕仕舞う舵手の声

野々原ラピ  並選

 声援と谺置き去り競漕す


 つまり、メンバー5人で、2人選、3並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で110回目であるが、前回の109回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が14回、4人選が21回、3人選が32回、2人選が19回、1人選が16回、0人選=5並選が6回であり、今回は、20回目の2人選である。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、109回目(備忘録)

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年6か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

 「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第237回 2020年2月6日週の兼題は、「蒸鰈(むしがれい)」である。兼題の説明に曰く。

蒸鰈(春の季語)「むしがれい」。鰈を塩水でさっと蒸し、陰干しにしたもの。


  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽ちゃう  人選

 父と酌む歳になったぞ蒸鰈

津軽まつ   人選

 蒸鰈いつか教師の身を離れ

津軽わさお  並選 

 蒸鰈御前のせいぞ古酒酌むは

篠田ピンク  並選

 幼子の箸ていねいに蒸鰈

野々原ラピ  並選

 蒸鰈海に逃れし切支丹


 つまり、メンバー5人で、2人選、3並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で109回目であるが、前回の108回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が14回、4人選が21回、3人選が32回、2人選が18回、1人選が16回、0人選=5並選が6回であり、今回は、19回目の2人選である。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、108回目(備忘録)

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年6か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

 「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第236回 2020年1月23日週の兼題は、「蕨餅(わらびもち)」である。兼題の説明に曰く。

蕨餅(春の季語)「わらびもち」。蕨の根茎から取った澱粉を練って蒸したもの。黒蜜ときな粉をまぶして食べる。蕨の澱粉は大量にはとれないため、昨今では他の澱粉で代用されることが多い。


 「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽わさお  人選 

 蕨餅薩摩隼人は平屋好き

津軽ちゃう  人選

 曾良とゆく奥の細道蕨餅

津軽まつ   人選

 蕨餅龍の安らう寺の帰途

篠田ピンク  並選

 女にはいつも別腹蕨餅

野々原ラピ  並選

 蕨餅太古を宿す琥珀色


 つまり、メンバー5人で、3人選、2並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で108回目であるが、前回の107回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が14回、4人選が21回、3人選が31回、2人選が18回、1人選が16回、0人選=5並選が6回であり、今回は、32回目の3人選である。




 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、107回目(備忘録)

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年5か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

 「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第235回 2020年1月9日週の兼題は、「麦踏(むぎふみ)」である。兼題の説明に曰く。

麦踏(春の季語)麦が伸びすぎたり霜で根が浮きあがるのを防ぎ、根張りを良くするために、青く伸びた麦を踏みつけていく。かつては人の足で踏んでいたが、今では機械で行われることが多い。


  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽わさお  人選 

 麦踏に助力の龍を祀る宮

津軽ちゃう  人選

 麦踏みゆけば巨き陥没隕石とや

津軽まつ   並選

 麦を踏む野口英世の火傷の手

篠田ピンク  並選

 麦を踏む縄文人の裔なる血

野々原ラピ  並選

 麦踏の足腰遂に百寿超ゆ
 


 つまり、メンバー5人で、2人選、3並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で107回目であるが、前回の106回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が14回、4人選が21回、3人選が31回、2人選が17回、1人選が16回、0人選=5並選が6回であり、今回は、18回目の2人選である。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、106回目(備忘録)

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年5か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

 「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第234回 2019年12月12日週の兼題は、「寒椿(かんつばき)」である。兼題の説明に曰く。

寒椿(冬の季語)単に「椿」というと春の季語だが、「寒椿」は冬季に咲くものを一般的に指す。椿には多くの品種があり、花の咲く時期も初冬から晩春まで、多様である。

 
  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽わさお  人選 

 偽者の月光仮面寒椿

津軽ちゃう  人選

 寒椿この国どこへ行くのだろう

津軽まつ   人選

 上人の足摺りし崎寒椿

篠田ピンク  人選

 名にし負う龍馬のお龍寒椿

野々原ラピ  人選

 寒椿どうにもできぬ早生まれ


 つまり、メンバー5人で、5人選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で106回目であるが、前回の105回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が13回、4人選が21回、3人選が31回、2人選が17回、1人選が16回、0人選=5並選が6回であり、今回は、14回目の5人選である。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、105回目

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年4か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

  「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第233回 2019年11月28日週の兼題は、「冬眠(とうみん)」である。兼題の説明に曰く。

冬眠(冬の季語)体温が外気温に左右される変温動物は、冬の低温期になると代謝やエネルギー消費が少なくなり、眠ったような状態になる。また、一部の哺乳類にも、冬眠するものやそれに近い状態になるものがいる。

 
  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽わさお  人選 

 冬眠の龍を起こせば地球憂し

津軽まつ   人選

 冬眠の山姥五人不敵なり

野々原ラピ  人選

 産土の床は白神冬眠す

津軽ちゃう  並選

 鳥肌立て冬眠醒ますじょんがらよ

篠田ピンク  並選

 冬眠のどじょっこ果報じっと待つ


 つまり、メンバー5人で、3人選、2並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で105回目であるが、前回の104回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が13回、4人選が21回、3人選が30回、2人選が17回、1人選が16回、0人選=5並選が6回であり、今回は、31回目の3人選である。

 そして、木曜日における人・並選の俳句の発表後、金曜日には天・地の俳句の発表が行われる。

 天・地の俳句に入るのは、全体5,000句の中で10句だ。至難中の至難である。そのことを十分承知したうえで、それでも、俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーは5人全員で、期待を抱く。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバー全員による天・地の俳句への挑戦は、105回目だ。

 ありがたいことに、次のように、26回目の、兼題「秋薊(あきあざみ)」で篠田ピンク君が初の天・地の句、しかも初の天選に輝き、36回目の、兼題「蕨狩(わらびがり)」で津軽まつ君が、73回目の、兼題「稗(ひえ)」で津軽ちゃう君が、それぞれ地選に輝いた。

篠田ピンク  天選

 沢水の洗顔痛し秋薊

津軽まつ   地選

 蕨狩る老女五人は無敵なり

津軽ちゃう  地選

 稗食えば女が欲しくなると翁

 さて、今回は、どうなるか。全体5,000句中の10句に入ることができるか。結果発表までのワクワクドキドキ感、これがたまらない。


 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、104回目(備忘録)

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年4か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

 「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第232回 2019年11月14日週の兼題は、「雪女(ゆきおんな)」である。兼題の説明に曰く。

雪女(冬の季語)「雪女郎」とも呼ばれる、雪国における想像上の妖怪。雪国という風土ならではの暮らしに根差した幻想であろう。

 
  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽ちゃう  人選

 ゆく間際ししむら熱き雪女

津軽まつ   人選

 絵金の絵抜け出す女雪女

篠田ピンク  人選

 淋しき時は北を見よ雪女

津軽わさお  並選 

 大陸に日露嗾け雪女

野々原ラピ  並選

 つと映る闇夜のミラー雪女


 つまり、メンバー5人で、3人選、2並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で104回目であるが、前回の103回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が13回、4人選が21回、3人選が29回、2人選が17回、1人選が16回、0人選=5並選が6回であり、今回は、30回目の3人選である。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村



わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、103回目(備忘録)

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年3か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

  「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第231回 2019年10月31日週の兼題は、「鱈場蟹(たらばがに)」である。兼題の説明に曰く。

鱈場蟹(冬の季語)蟹に似ているが、実際はヤドカリの仲間で、タラバガニ科の甲殻類。三対の脚とハサミを持ち、とげ状の突起に覆われている。茹でると赤くなるが、茹でる前は濃い紫色で、ハサミや脚の縁は鮮やかな朱黄色をしている。

 
  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽わさお  人選 

 股座を曝す原発鱈場蟹

野々原ラピ  人選

 北大に受かる鱈腹鱈場蟹

津軽ちゃう  並選

 夭折の心直進鱈場蟹

津軽まつ   並選

 斗酒出され辞さぬ蟒蛇鱈場蟹

篠田ピンク  並選

 万年の平の昇進鱈場蟹


 つまり、メンバー5人で、2人選、3並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で103回目であるが、前回の102回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が13回、4人選が21回、3人選が29回、2人選が16回、1人選が16回、0人選=5並選が6回であり、今回は、17回目の2人選である。


 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、102回目

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年2か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

  「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代超一流の俳人、夏井いつき先生だ。
 

 「俳句ポスト365」の第230回 2019年10月17日週の兼題は、「落葉(おちば)」である。兼題の説明に曰く。

落葉(冬の季語)木々の葉が散る様子は仲秋頃から見られるが、多くの葉が落ちるのは冬に入ってからであり、冬の到来を感じさせる。今まさに落ちている葉も、地上に落ちている葉も、どちらも指して言う。
 
  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽ちゃう  人選

 戻らぬと決めし学校落葉降る

津軽まつ   人選

 落ちし葉の見上ぐる天を落ち来る葉

篠田ピンク  人選

 落葉掻く手先にほのか恐竜の歯

野々原ラピ  人選

 落葉踏む白神に神音白し

津軽わさお  並選

 じょんがらの仕舞い落葉はらり掻く


 つまり、メンバー5人で、4人選、1並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で102回目であるが、前回の101回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が13回、4人選が20回、3人選が29回、2人選が16回、1人選が16回、0人選=5並選が6回であり、今回は、21回目の4人選である。

 そして、木曜日における人・並選の俳句の発表後、金曜日には天・地の俳句の発表が行われる。

 天・地の俳句に入るのは、全体5,000句の中で10句だ。至難中の至難である。そのことを十分承知したうえで、それでも、俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーは5人全員で、期待を抱く。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバー全員による天・地の俳句への挑戦は、102回目だ。

 ありがたいことに、次のように、26回目の、兼題「秋薊(あきあざみ)」で篠田ピンク君が初の天・地の句、しかも初の天選に輝き、36回目の、兼題「蕨狩(わらびがり)」で津軽まつ君が、73回目の、兼題「稗(ひえ)」で津軽ちゃう君が、それぞれ地選に輝いた。

篠田ピンク  天選

 沢水の洗顔痛し秋薊

津軽まつ   地選

 蕨狩る老女五人は無敵なり

津軽ちゃう  地選

 稗食えば女が欲しくなると翁

 さて、今回は、どうなるか。全体5,000句中の10句に入ることができるか。結果発表までのワクワクドキドキ感、これがたまらない。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、101回目

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年1か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

 「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代超一流の俳人、夏井いつき先生だ。


 「俳句ポスト365」の第229回 2019年10月3日週の兼題は、「初冬(はつふゆ)」である。兼題の説明に曰く。

初冬(冬の季語)初冬、仲冬、晩冬、と冬を三つに分けたはじめの冬のこと。陰暦10月のことでもある。一般的な読みは「しょとう」だが、俳句に詠む場合は「はつふゆ」と読む場合がほとんどである。

 
  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽わさお  人選

 アリランで締める竹山三味初冬

津軽ちゃう  人選

  じょっぱりや飲まれて飲んで冬始

津軽まつ   人選

 兄弟の乾布摩擦の湯気初冬

篠田ピンク  人選

 幕開けのじょんがら優し冬はじめ

野々原ラピ  並選

 まだ食める初冬の風よ寒立馬


 つまり、メンバー5人で、4人選、1並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で101回目であるが、前回の100回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が13回、4人選が19回、3人選が29回、2人選が16回、1人選が16回、0人選=5並選が6回であり、今回は、20回目の4人選である。

 そして、木曜日における人・並選の俳句の発表後、金曜日には天・地の俳句の発表が行われる。

 天・地の俳句に入るのは、全体5,000句の中で10句だ。至難中の至難である。そのことを十分承知したうえで、それでも、俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーは5人全員で、期待を抱く。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバー全員による天・地の俳句への挑戦は、101回目だ。

 ありがたいことに、26回目の、兼題「秋薊(あきあざみ)」で篠田ピンク君が初の天・地の句、しかも初の天選に輝いた。そして、36回目の、兼題「蕨狩(わらびがり)」で津軽まつ君が、73回目の、兼題「稗(ひえ)」で津軽ちゃう君が、それぞれ地選に輝いた。

 さて、今回は、どうなるか。全体5,000句中の10句に入ることができるか。結果発表までのワクワクドキドキ感、これがたまらない。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村



 

わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、100回目

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年1か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

 「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代超一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第228回 2019年9月19日週の兼題は、「檸檬(れもん)」である。兼題の説明に曰く。

檸檬(秋の季語)甘味より酸味を利用する柑橘類の代表。ミカン科の常緑低木。冬に暖かく、夏に乾燥する気候を好むため、日本での産地は限られる。ビタミンCのシンボルとして知られる。

 
  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。
 
 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽まつ   人選

 別れ際男に檸檬齧る音

篠田ピンク  人選

 檸檬の果熟し放哉自由なる

津軽わさお  並選

 じょんがらを叩く一閃檸檬切る

津軽ちゃう  並選

 檸檬酒が口火を切るや酌む夫婦

野々原ラピ  並選

 孤独なる無頼の中の檸檬の黄


 つまり、メンバー5人で、2人選、3並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で100回目であるが、前回の99回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が13回、4人選が19回、3人選が29回、2人選が15回、1人選が16回、0人選=5並選が6回であり、今回は、16回目の2人選である。

 そして、木曜日における人・並選の俳句の発表後、金曜日には天・地の俳句の発表が行われる。

 天・地の俳句に入るのは、全体5,000句の中で10句だ。至難中の至難である。そのことを十分承知したうえで、それでも、俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーは5人全員で、期待を抱く。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバー全員による天・地の俳句への挑戦は、100回目だ。

 ありがたいことに、26回目の、兼題「秋薊(あきあざみ)」で篠田ピンク君が初の天・地の句、しかも初の天選に輝いた。そして、36回目の、兼題「蕨狩(わらびがり)」で津軽まつ君が、73回目の、兼題「稗(ひえ)」で津軽ちゃう君が、それぞれ地選に輝いた。

 さて、今回は、どうなるか。全体5,000句中の10句に入ることができるか。結果発表までのワクワクドキドキ感、これがたまらない。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、99回目(備忘録)

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年1か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

 「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代超一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第227回 2019年9月5日週の兼題は、「茸(きのこ)」である。兼題の説明に曰く。

茸(秋の季語)果実類などと共に代表的な秋の味覚。様々な茸が年中市場に出回っているが、秋の山歩きで天然物の茸に出会う嬉しさは格別。しかし毒を持つものも多く、食用には注意が必要である。

 
  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽まつ   人選

 山姥の秘蔵の酒や酔う茸ら

篠田ピンク  人選

 茸好く民話童話の主人公

野々原ラピ  人選

 天帝は不老不死なりいつも茸

津軽わさお  並選

 天狗棲む深山隠れに盛る茸

津軽ちゃう  並選

 キリストの墓ある里に茸採る


 つまり、メンバー5人で、3人選、2並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で99回目であるが、前回の98回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が13回、4人選が19回、3人選が28回、2人選が15回、1人選が16回、0人選=5並選が6回であり、今回は、29回目の3人選である。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村