シャンソン歌手 別府葉子さん、頑張れ!!・「12月の涙雨」

 2015年12月16日、今日の津軽は雨である。12月も半ばだというのに、今年は、今のところ積雪深がゼロだ。そして、珍しいことに、雨降りである。

 実は、今日のこの雨は、涙雨である。

 12月16日の未明、「別府葉子公式ブログ~葉子通信」の12月14日付けのブログ記事「HERMESのスカーフのこと」を読ませていただいた。その冒頭に「合い間に、高松に行って、実家で母の遺品の整理をしてきました」とある。エッ、驚いた。

 だって、シャンソン歌手 別府葉子さんのお母さんのことは、つい最近のブログ記事に書かれていたからだ。記憶を辿り、「葉子通信」の記事を辿った。

 2015年11月19日付けの「葉子通信」のタイトルは、「仕事の合間に母と会う…」とあり、冬のライブツアーに向けて「ピアニストの鶴ちゃんと打ち合わせをしてきました」の様子が書かれている。

 そして、「鶴ちゃんとの打ち合わせを終えて、母の顔を見に行ったりもしました」。「これ持っていきまい」と、お母さんが持たせてくれたのは、「タケノコみたいな里芋」である。デッカイ里芋を、「これ持っていきまい」と。

 だから、一瞬、何が何だか分からなかった。しかし、その前のブログ記事も読んでみて、事情が呑み込めた。


 津軽のシニアブロガーにして俳人の津軽わさおがシャンソン歌手 別府葉子さんのブログに遭遇したのは、2014年2月27日である。その時、別府葉子さんが歌う「百万本のバラ」を聴いた。

 「百万本のバラ」を歌う歌手は、あまたおり、みんな上手い。しかし、別府葉子さんが歌う「百万本のバラ」が声の伸びといい、情感といい、一番上手い。心にしみる歌だ。

 その直後、別府葉子さん作詞・作曲の「6月の雨」を聴いた。

 シンガーソングライター、別府葉子さんは、4分31秒の歌に、日本の美しい四季を、古き良き日本を、人生の思い出を、生きることの意味を、生命の親から子へのリレーを、森羅万象を、歴史を、宇宙を、ありとあらゆるものを、歌い込んでいる。

 朗朗として優しさあふれる別府葉子さんの歌声がベストマッチしているのが絶妙である。 


 以来、津軽わさおは、シャンソン歌手 別府葉子さんを応援している。そして、ある時から、別府葉子さんを応援するお母さんをも応援してきた。つまり、別府葉子さん及び別府葉子さんのお母さんをも応援してきたのだ。

 なぜ? どういうこと? 「ある時」とは、「葉子通信」の中のある記事を読んだ時だ。それが何年何月何日の記事かは、今は分からない。が、私の記憶が正しければ、津軽わさおは、別府葉子さんのお父さん及びお母さんと「同業者」である。

 津軽わさおは、「同業者」であることを知った時から、別府葉子さんはもちろんのこと、彼女を応援するお母さんをも応援する気持ちになった。

 シャンソン歌手 別府葉子さんのお父さん及びお母さんにとって、シャンソン歌手として活躍される娘さんは、大いなる誇りであり、自慢の娘さんである。「同業者」であるがゆえに、その辺のお気持ちは、津軽わさおにはよく分かるような気がする。


 別府葉子さん作詞・作曲の「6月の雨」のモデルは、お父さん及びお母さんのお二人と理解している。

 今は、6月でなく、12月だが、雨が降る。それも、涙雨だ。心よりご冥福をお祈りさせていただく。それにしても、「同業者」であることは、もっと早くに触れておきたかったな。

 別府葉子さん、あなたをお父さんとお母さんが応援しておられる。それと、全国の別府葉子さんファンの方々が応援している。もちろん、津軽わさおも、一生懸命に応援を続ける。

 シャンソン歌手 別府葉子さん、頑張れ!! 「6月の雨」http://yokomusette.blog31.fc2.com/blog-entry-1137.html


 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。



  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック