わさお的ダイエット術・「スクワットはどうやればいいの?」

わさお的ダイエット術・1年2か月間の実績、体重-11.4kg

① 2015年5月5日、子どもの日、午後5時現在におけるわさおの身体状況

 身長 168cm、体重 65.8kg、体脂肪率 21%、腹回り 86cm

② 1年2か月前の2014年3月8日におけるわさおの身体状況

 
 身長 168cm、体重 77.2kg、体脂肪率 25%、腹回り 103cm

③ 1年2か月間のダイエット実績

 身長 -0cm、体重-11.4kg、体脂肪率 -3%、腹回り -17cm

 
 津軽のシニアブロガー、わさおのモットーは、人生日々挑戦、青春は一生、である。今まで、いろいろなことに挑戦し、それなりに成果を収めてきている。

 2014年3月8日からは、ダイエットに対する挑戦を続けている。


 さまざまなダイエット方法があるであろう中で、自分が採用したのは、スクワットである。2014年3月8日以降、1日にスクワット100回を続けてきている。

 それによる身体状況の変化については、手元に残っている記録によれぱ、スクワットスタート時点の2014年3月8日におけるわさおの身体状況、

 身長 168cm、体重 77.2kg、体脂肪率 25%、腹回り 103cm 

に対し、約4か月後の2014年7月28日時点では、  

 身長 168cm、体重 70.0kg、体脂肪率 23%、腹回り 94cm と、

約4か月間で、

 身長 -0cm、体重 -7.2kg、体脂肪率 -2%、腹回り -9cm

といった数値の減少を見たのである。結果は、「効果大はスクワット!!」である。


 この時点では、まだまだ不十分であるが、醜いデブ状態に陥ることは回避できたといったところである。


 それでは、「スクワットはどうやればいいの?」。

 ダイエット方法としてスクワットを採用するに当たり、ネット先生に聞いてみたら、スクワットのやり方にはさまざまあるようだ。

 そこで、自分なりに、これがいいなと判断し、採用しているスクワットのやり方を以下に掲げる。

① 直角のコーナーを背に立つ。両足を肩幅ぐらいに開く。両足の開き方は、直角のコーナーに沿って、ハの字の逆、つまり逆ハの字とする。

② 背中はまっすぐに伸ばす。直角のコーナーにもたれかからない。

③ 両腕は自分が動きやすいように下げた状態にする。

④ 鼻から息を吸いながら、ゆっくりと腰を落とす。この際、1から8までカウントしながら、腰を落とすぐらいでちょうどいい。かかとは浮いたままで構わない。

⑤ 息を吐きながら、元の姿勢に戻る。この際、一拍で戻るぐらいの速さで、スッと腰を伸ばす。

 ①の直角のコーナーを背に立つのは、身体を無理な角度に曲げたりしないよう、バランスを取るのに適しているからである。

 ④の1から8までカウントしながら、ゆっくりと腰を落とすのは、太ももと床が平行になる前に、元の姿勢に戻るのを開始するのに適しているからである。

 なお、④の部分については、カウントの8で太ももと床が平行になるようにする、かかとは浮かないように床にしっかりとつける、とのやり方を推奨するトレーナーの方がおられる。

 が、そのやり方は、スクワット25回を1セットとして、1日に4セット、計スクワット100回をやるには、ちょっときついので、自分なりのアレンジとして、太ももと床が平行になる前に、元の姿勢に戻るのを開始し、かかとは浮いたままで構わない、ことにしている。

 そのうち、私の下半身の筋肉量が今よりもっと増し、全然きついと感じなくなったら、トレーナーの方が推奨するままのやり方でやることとしたい。


 いずれにしても、ダイエット方法として、要中の要になるのは、スクワットだ。

 ダイエットは、スクワット→下半身の筋肉量増大→基礎代謝上げ→エネルギー消費量増大→ダイエット→スクワットの好循環が一番である。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。



  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック