「津軽の高橋中華そば店は日本一」

 青森県の津軽は、ラーメン屋が多い。津軽衆は、ラーメン好きが多いからだ。
 
 タウンページデータベースによれば、2013年の全国のラーメン屋店舗数ベストテンの中で、次のとおりとなっている。

     店舗総数  人口10万人
            当たりの数

1 山形県   817軒  70.92軒
2 栃木県  1,033軒 51.86軒
3 新潟県  1,053軒 44.87軒
4 秋田県   452軒 42.52軒
5 鹿児島県   709軒 41.95軒
6 青森県   566軒 41.93軒

 我が青森県は、店舗総数が566軒、人口10万人当たり店舗数が41.93軒で、堂々の第6位である。

 このような環境下で生活しているゆえ、津軽のシニアブロガーも、ラーメン好きだ。

 人生の中で、幸せの態様にはさまざまあるが、自ら日本一と確信するラーメンと出会い、年間の折々にそれを食することができるのは、これまた幸せの典型例である。


 津軽のラーメンは、基本は、煮干しの醤油ラーメンである。

 イワシの煮干しの粉末が醤油と絡み、これに魚介系出汁(だし)の旨みが加わり、溶け込んだスープ。麺は、チヂレもあれば、ストレートもある。麺の太さは、そうめんみたいな細麺はなく、普通麺か中太麺がほとんどだ。

 中でも、濃厚煮干しラーメンの元祖は、弘前市にある高橋中華そば店であり、津軽ラーメンのチャンピョンだ。全国のラーメンオタクを自称する人の中で、弘前の高橋中華そば店を知らないのは、もぐりといっていい。

 濃厚煮干しの中華そば一本で大繁盛している大人気店であり、東京から高橋中華そば店のラーメンを食べるだけのために飛行機で青森空港に降り、弘前に直行するファンがいるほどだ。

 営業時間は午後3時過ぎまでだが、売り切れ次第終了だから、その前に終了することが多い。

 イワシの煮干しの濃厚粉末が醤油と絡み、これに魚介系出汁(だし)の旨みが加わり、溶け込んだ粘度のあるスープ。無カンスイの独特にチヂレた自家製麺がまたいい。

 これが高橋中華そば店の濃厚煮干しラーメンであり、日本一のラーメンである。
 
 
 人生の中では、いろんな食べ物を食するが、これは日本一と自分で評価できるものに巡り会えるのは、幸せである。

 長年の経験の積み重ねとして、自らの味覚が鍛えられていく。鍛えられた結果としての味覚が、日本一と評価するレベルのものに遭遇した瞬間、それが日本一のものとなる。

 麺類で、津軽のシニアブロガーが日本一のラーメンと評価するのは、弘前市は高橋中華そば店の濃厚煮干しラーメンである。

 今から10年ほど前に、津軽のラーメンオタクに連れられて、食するに行った。

 イワシの煮干しの濃厚粉末が醤油と絡み、これに魚介系出汁(だし)の旨みが加わり、溶け込んだ粘度のあるスープ。無カンスイの独特にチヂレた自家製麺。食し終えた瞬間、日本一のラーメンと認定した。

 私は、その後、高橋中華そば店の濃厚煮干しラーメンは、いつも大盛りを頼み、もちろんスープを含め、完食だ。

 でも、それほどに好きな濃厚煮干しラーメンだが、食するのは年に数回である。
 
 好きだから、ラーメンは、毎食、高橋ラーメンという食し方も、大いにあり得る。しかし、好きだからこそ、ラーメンを食する何回かに1回というやり方もいいもんだ。

 2か月くらい間を置くと、無性に高橋ラーメンを食べたくなる。そこで、いそいそと弘前に向かうわけだ。再会を果たし、高橋の濃厚煮干しラーメンをいただく。これがたまらない。

 ある意味では、ラーメン食いは、若い頃の恋愛と同じだ。女といつも会うのもいいが、2か月くらいの間を置くのも有りだ。

 要は、愛し方の問題である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック