テーマ:スポーツ

東京五輪・大丈夫?

東京五輪・大丈夫? わさおの時事川柳・五行歌 ケチ続き 東京五輪 大丈夫? ニブイね 金銭感覚 倫理観 この先も なんやかんやで ケチがつく? この際は 総入れ替えで 出直せよ     私の人気ブログランキングへの応援のため、  ポチッと↓をクリックお願いします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪・ドブ捨てる

東京五輪・ドブ捨てる わさおの時事川柳・五行歌 税金を 湯水のごとく ドブ捨てる エンブレム パクリもどきの 金メダル 責任は 三者三様 無責任 こんなでは やること無意味 東京五輪     私の人気ブログランキングへの応援のため、  ポチッと↓をクリックお願いします。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スポーツ観戦の醍醐味・「渡部香生子選手の大頑張り」

 日本のスポーツ選手が世界大会で活躍するのを見聞きするのは、楽しいし、面白い。中でも、リアルタイムで、ハラハラドキドキしながら、応援できる瞬間が一番面白い。  現役の仕事人の方々は、忙しくて、なかなかスポーツ観戦をライブですることはできない。が、その点、シニアは、存分にライブ観戦を楽しめる。これは、シニアであることのメリットの最た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真夏のシンクロのテレビ観戦

 まだ7月だというのに、日本全国各地で、連日、35度以上の猛暑日が続いている。我が津軽は、猛暑日にこそは達しないものの、それでも連日、30度以上の真夏日のオンパレードだ。  津軽のわさおは、シニアだから、というか、いずれにしても、仕事に出かけることはない。まあ、何十年も汗水たらして、人一倍、仕事に精出した歴史はある。  それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンクロの鬼コーチは男だね

 戦後70年、今の日本の底流にある精神性を形容すれば、「軟弱」という言葉がふさわしい。あれこれ見ていると、どうも、しっかりしていない、弱いなあ、と思ってしまう。  とりわけ、男の女々しさが目につくと思うのは、私だけだろうか。    そんな折、久しぶりに痛快事に出くわした。それは、シンクロナイズドスイミングで日本に8年ぶりの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桐生祥秀選手・「9秒台はこの次の楽しみだね」

アスリートが超一流の技量を発揮する瞬間ほど、面白いものはない。それが日本新記録とか世界新記録とかの瞬間であれば、ワクワク、ドキドキである。  2015年4月19日に広島の「エディオンスタジアム広島」で行われた織田記念国際陸上の男子100m。まさに、日本新記録がかかった試合で、それも桐生祥秀選手が日本選手前人未到の9秒台を出してくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桐生祥秀選手・「9秒台が出る歴史的瞬間を目にしたい」

アスリートが超一流の技量を発揮する瞬間ほど、面白いものはない。それが日本新記録とか世界新記録とかの瞬間であれば、ワクワク、ドキドキである。  2015年4月19日に広島の「エディオンスタジアム広島」で行われる陸上の織田記念国際の男子100m。始まる15時間前の今、あれこれ想像するだけで、楽しい。  津軽のシニアブロガーは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎宗則選手・「お金じゃないよ、おもしろさだよ」

野球の川崎宗則選手、愛称「ムネリン」は、1981年6月生まれの33歳である。日本のプロ野球、福岡ソフトバンクホークスを経て、米大リーグに挑戦し続け、2015年シーズンで4年目に入る。  2012年はシアトル・マリナーズで 、2013年からはトロント・ブルージェイズでプレーしている。毎年、まずはマイナー契約でスタートし、メジャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高梨沙羅選手・「もっと強い選手にきっとなれるよ」

スポーツ選手は、ただ単に、強ければいいというものではない。フィギュアスケート選手で言えば、高橋大輔選手のように、強いだけではなく、人のことを思いやるといった人間性が備わっていることが大事である。  そうしたことにまで思いをいたすとき、スポーツ観戦は、時として、観る者が身震いするほどの感動を呼ぶ。スポーツっていいなあと思う瞬間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の備忘録、川崎宗則選手・「行かないで!女性記者が公開ラブレター」

スポーツ選手の活躍は、時として我々に大きな感動を与えてくれる。そうした時、つくづくスポーツって素晴らしいなと思う。  野球の川崎宗則選手、愛称「ムネリン」は、1981年6月生まれの33歳である。日本のプロ野球、福岡ソフトバンクホークスを経て、米大リーグに挑戦し続け、2015年シーズンで4年目に入る。  2012年はシアトル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィギュアスケート考・「グレイシー・ゴールド選手のあでやかさ」

 17世紀フランスの思想家パスカルは、「人間は、自然の中で最も弱い一茎(ひとくき)の葦にすぎない。だが、それは、考える葦である」と述べている。  人間は、考える葦であるから、人生において、いろいろ考える。スポーツ観戦においても、単に勝敗に一喜一憂するのではなく、いろいろ考えるから、面白みが増すというものだ。  で、20世紀を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲、白鵬の発言考・「謝罪は、きちんとしなよ」

最近、物議を醸している大相撲の白鵬の発言。今回の白鵬発言とその経緯には、許し難い二つの問題点がある。  まず、一つ目の問題点だ。  産経ニュースの2015年1月26日付けの配信ニュースには、白鵬の審判部批判「偉業」台無し…前夜は「深酒」たたり会見には1時間遅刻、とのタイトルが付いている。  「記者会見という公の場」に「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲、白鵬の発言考・「こんな侮辱発言は許されない」

今、大相撲の白鵬の発言が物議を醸している。いったいぜんたい、白鵬は、どんな経緯で、どんな発言をしたのか。その全部を知りたい。  そこで、例によって、ネット先生に聞いてみた。今のネット社会は、実に便利であり、分からないことは、懇切丁寧に教えてくれる。  すると、まず、産経ニュースの2015年1月26日付けの配信ニュースがヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲、白鵬の発言考・「記者会見に1時間遅刻は、恥ずべき行為だ」

例えば、小学校の学芸会には遅刻してはならない。遅刻すれば、いろいろな人に迷惑をかけるからだ。これは、小学生の子供でも分かる道理である。当然、大人なら分からなければならない。  スポーツ選手は、子供たちに夢を与え、子供たちの憧れの存在である。だから、子供でも分かる社会における道理は弁えなければならない。当り前のことだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦選手・「残酷物語」

フィギュアスケートのグランプリシリーズ2014。11月7日、第3戦中国大会が始まった。男子ショートプログラムで、羽生結弦選手は、ミスを連発し、2位。  羽生選手は、ショートの演技が終了時点で、驚くほどの汗びっしょりだ。おそらく、大会前から発症している腰痛ゆえに、演技中腰が痛かったのだろう。  でも、羽生結弦選手には、心…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more