テーマ:人生

ロシアと「百万本のバラ」考・シャンソン歌手別府葉子さんの歌

 小さな家とキャンバス 他には何もない  貧しい絵かきが 女優に恋をした  大好きなあの人に バラの花をあげたい  ある日街中の バラを買いました  百万本のバラの花を  あなたにあなたにあなたにあげる  窓から窓から見える広場を  真っ赤なバラでうめつくして これは、歌手加藤登紀子さんが歌う「百万本のバラ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「上村愛子選手に金メダル2個を授与してあげたい」

先日、日本国民を夢中にさせたソチ五輪が終わった。ソチ五輪は終わってしまったが、ソチ五輪を振り返りつつ、日本選手のことをあれやこれや考えてしまう。  今から16年前の1998年2月、日本で二度目の冬季五輪となる長野オリンピックが開催された。  それまで、オリンピックのスキー競技と言えば、アルペンは回転、大回転、滑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ひな祭りの思い出・一回きりの大学受験」

 夏が来れば 思い出す 遥かな尾瀬 遠い空  霧の中に 浮かび来る 優しい影 野の小道  水芭蕉の花が 咲いている 夢見て咲いている 水のほとり  石楠花(しゃくなげ)色に 黄昏(たそがれ)る 遥かな尾瀬 遠い空  ご存じ、尾瀬の歌である。作詞者は江間章子、作曲者は中田喜直によるおなじみの唱歌だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「津軽のシニアブロガーの挑戦」

ソチ五輪で、葛西紀明選手は、個人ラージヒルで、自身個人初の悲願の銀メダルを獲得した。  また、日の丸飛行隊は、男子ジャンプの団体戦で、1番手の清水礼留飛選手、2番手の竹内択選手、3番手の伊東大貴選手、4番手の葛西選手の順に飛び、1998年長野五輪での金メダル以来、16年ぶりの銅メダルを獲得した。 津軽のシニアブロガーは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「未知との遭遇・シャンソン歌手別府葉子さん」

 私は、シニアナビでブログを書き、そのブログ記事を外部ブログにアップしている。シニアナビは、シニアだけのエリアだが、外部ブログは、朗若男女を問わずの随分と広い年齢層が対象だ。  その外部ブログでは、それにログインしたメンバーが私のブログを訪問すると、訪問者リストに記録される。その記録をたどって訪問者のブログを訪問し、ブログ記事を拝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「竹内智香選手。君は男より男らしい」

 私たちスポーツ観戦者は、アスリートの活躍を観るとき、単純にその成績とか競技結果だけを観がちだ。しかし、スポーツ観戦者に人生ドラマがあるように、アスリートの活躍の陰にはもっと人の心を打つ人間ドラマがある。  そうしたアスリートの人間ドラマに思いをいたしながら、アスリートの活躍を観ると、スポーツ観戦は、格段に面白い。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「葛西紀明選手の最大の功績」

 葛西紀明選手は、日本時間2月16日日曜日、ソチ五輪男子ジャンプの個人ラージヒルで、個人では自身初のメダル、銀メダルを獲得した。  次いで、二日後、日本時間2月18日火曜日、男子ジャンプの団体戦で、団体では1994年リレハンメル五輪の銀メダル以来、自身二度目のメダル、銅メダルを獲得した。  葛西選手がソチ五輪で銀メダルと銅メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「葛西紀明選手賛歌・努力の尊さ」

日本時間2月16日日曜日の午前4時過ぎ、ソチ五輪男子ジャンプの個人ラージヒルの2回目が始まった。  最後から2番目に葛西紀明選手が飛ぶ。粘りのジャンプだ。葛西選手が着地し、戻ってきたのをめがけて、伊東大貴、清水礼留飛、竹内択の日本選手が束になって駆け寄り、抱き合い、喜び合う。  その時、私たちは、16年前の1998年長野五…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「葛西紀明選手賛歌・悲願達成」

今から13年前の2001年1月27日、私は、札幌の大倉山ジャンプ場にいた。2001年FISワールドカップ札幌大会が開催されているのだ。  優勝したのは、ポーランドのマリシュ選手で、日本選手では葛西紀明選手の10位が最高である。 13年前の大倉山シャンツェで、28歳の葛西選手を間近で見て、彼のジャンプを応援した。18…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「羽生結弦選手賛歌」

ソチ五輪で日本国民期待のフィギュアスケート男子シングル。 日本時間2月15日の午前零時過ぎ、フィギュアスケート男子シングルのフリーが始まる。 最終グループのフリー演技が進み、いよいよ全体の21番目で羽生結弦選手の番だ。  演技開始。冒頭の4回転サルコウ、いきなり失敗。次の4回転トーループは成功。続くトリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 先手必勝!!。羽生結弦選手、金メダル獲得、おめでとう!!

ソチ五輪が佳境を迎え、津軽のシニアブロガーは大忙しである。ソチ五輪における日本選手の活躍の動向を分析し、あれやこれや考察し、そのうえで応援することにしている。そうすることで、ソチ五輪の観戦が格段に面白い。  日本時間2月15日の午前零時過ぎ、フィギュアスケート男子シングルのフリーが始まる直前に、ソチ五輪フィギュア男子フリー・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソチ五輪フィギュア男子フリー・「運命の一戦、先手必勝!!」

 フィギュアスケートは、相手との勝負であることはもちろんだが、競技者自身の自分との闘いが大きな要素を占めるスポーツ種目である。  そして、練習でできることを本番でできなければ、負ける。練習で高確率ではできないことを本番でできれば、勝つチャンスが出てくる。  この点について、オリンピックのフィギュアスケートのシングルを例にして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソチ五輪・「平平(ひらひら)コンビの銀銅メダル獲得、おめでとう!!」

 日本時間2月12日、午前2時半過ぎ、ジャンプ女子のノーマルヒルの1回目が始まる。テレビの実況中継の解説者は、あの原田雅彦さんだ。原田さん曰く。「いよいよ始まりますね。ドキドキしてきましたね」  1回目の結果、高梨沙羅選手は、100mを飛び、124.1点で3位。1位は、ドイツのカリナ・フォクト選手が103mの126.8点。2位は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「高梨沙羅選手、ご苦労様でした!!」

日本人の一人として、日本の国力復活を目指すとき、日本人の快挙を見聞きすると、嬉しくなる。  去る2月2日、「若手バレエ登竜門 日本人1位2位独占」のタイトルで日本人の快挙がニュースとなり、日本中を駆け巡った。  若手バレエダンサーの登竜門として知られるスイスのローザンヌ国際バレエコンクールの最終審査。長野県の男子高校生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソチ五輪・『愛子、よく頑張ったね。嬉しいよ。ありがとう』

ソチ五輪の各競技がたけなわである。金銀銅のメダルをかけた熱戦を応援するたびに、何度も、上村愛子選手の挑戦を思い返す。  2月8日、スキーフリースタイルの女子モーグルの決勝。  上村愛子選手は、準決勝をギリギリの6位でクリアして決勝に進んだ。  決勝が始まる。トップで滑走した上村愛子選手は、今大会で最高の滑りだ。続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「上村愛子選手のオリンピック挑戦、ありがとうございました!!」

今から4年前。2010年2月14日、私たちは、バンクーバー五輪で、スキーフリースタイルのモーグル女子の実況中継に釘付けになった。  モーグル女子の競技終了後のインタビュー。上村愛子選手が「私は何でこんなに一段一段なんだろう」と語り始め、あふれ出る涙をぬぐう。  4度目の五輪出場で、1998年長野が7位、2002年ソルト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「羽生結弦選手、この頼もしき若者よ、頑張れ!!」

人生や物事には、ターニングポイント、転換点というものがある。ターニングポイントの時に全力を尽くし、良き方向に持っていくのが極めて大事である。  男子フィギュアスケートの羽生結弦(ゆづる)選手にとって、ターニングポイントは、昨年12月上旬に福岡市のマリンメッセ福岡で開催されたフィギュアスケートのグランプリファイナルである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ソチ五輪、期待のジャンプ。空飛ぶ梅が応援!!」

 いよいよ、ソチ五輪が2月7日から始まる。  ジャンプ男子の葛西紀明選手、1972年(昭和47年)6月生まれの41歳。日本選手団の最年長であり、主将という大役を務める。 葛西選手は、北海道出身で、身長が180cmほどの長身でかなりの細身だ。ほおはこけている印象で、黄色のウェアを身につける。 黄色のウェアで空飛ぶ葛西選手。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ソチ五輪ジャンプ。葛西紀明選手と高梨沙羅選手」

いよいよ、いよいよだ。いよいよ、ソチ五輪が来る2月7日から始まる。  オリンピック競技で日本選手を応援するとき、津軽のシニアブロガーは、あらかじめ競技種目ごとに日本選手の活躍度合いを吟味し、自分なりの目安を決めて応援することにしている。  単に「日本選手を応援する」というだけでもいいのだが、個別に日本選手の成績レベルを設定し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本列島は、弓なりの形をしていて、東西南北に長い列島である。東西にも3,000キロメートル、南北にも3,000キロメートルもの長さがある。    そのことにより、四季がはっきりしていて、四季折々のさまざまな草花が楽しめる美しい列島である。 そして、多様性は、季節だけでなく、日本人の弁にも表れる。  何事も、多様さがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十行歌「大寒(だいかん)」朗若男女元気よく

2014年は、1月20日が大寒(だいかん)であり、一年で最も寒い日とされる。大寒は、年の季節の移り変わりを二十四通りに表す二十四節気(にじゅうしせっき)の第24節気である。  節気は、その日の一日を指すが、期間としての意味もあり、次の節気の前日までを指す。 2014年は、1月20日が第24節気の大寒であり、2月4日…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「マー君の161億円」

十七世紀の哲学者、数学者、物理学者であるパスカルは言っている。「人間は一本の葦であり、自然のうちでもっとも弱いものにすぎない。しかし、それは考える葦である」。  考える葦は、考えることの過程で想像することができる。自分では、現実に遭遇したことがなくても、想像を働かせて物事の本質を理解するのは、考える葦の特徴である。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続報・「めだかの学校・恋ごころスイッチ」

 正月気分真っただ中の1月3日、ネットでの配信ニュースの記事に基づき、「めだかの学校・恋ごころスイッチ」と題して、次の内容のブログ記事を投稿した。 ① 東京大学の研究グループがメダカの「恋ごころスイッチ」の働きを明らかにした。メダカのメスはずっとそばにいたオスを記憶し、性的パートナーに選ぶという。 ② 初めて出会った2匹のメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソチ五輪、フィギュアスケートで金メダル獲得!

「勝つと思うな 思えば負けよ」  演歌の女王中の女王、つまり演歌の大女王・美空ひばりが歌った「柔」(やわら)の一節である。    1964年(昭和39年)11月に発売された「柔」は、同年10月に開催された東京オリンピックで初めて柔道が正式競技に採用されたこともあり、翌1965年(昭和40年)にかけて爆発的なヒットとなった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプの葛西紀明選手、いざソチ五輪へ!

な、な、な、なんと!  ソチオリンピック選手団の主将に任命されましたーーー!*\(^o^)/*  旗手ではなく主将だよ!!??(゚o゚;;  こんな名誉な事はないよね~(*^^*)  っていうか大役だーーー!!!( ̄▽ ̄)  選ばれたからには主将という名に恥じぬようやり切ります!!p(^_^)q …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「八重の桜とブラキストン」

 何十年も生きている過程では、さまざまなことを経験する。それらの経験のすべてを記憶していることはできない。できないが、思春期という何十年も前の時期に覚えたことを、その後もずっと記憶していることはある。  私にとってのその例は、ブラキストンという人の名前である。  思春期に聞いたNHKの連続ラジオドラマの中にブラキストンが登場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「因果応報・良い行い」

 シニアナビに登録した後、活動を開始してから、7か月以上が経った。いつも、元気なみなさんから励まされて、生活しているように感じている。  自分の投稿作品への拍手やコメントを頂戴し、逆に、他の人の作品に拍手し、それに対する足跡コメントをいただくなどの日常がある。頂戴する拍手そのものが励ましであるが、コメントや足跡コメントでの励ましも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパースター「ふじ」の親「国光」の思い出

今や、全世界で最も多く生産され、販売されているりんごは、英語表記では「FUJI」、日本語では「ふじ」である。世界のスポーツの中でメジャーはと言えば、サッカーであるように、世界のりんご界で、「ふじ」は、メジャーであり、スーパースターである。  日本でも、「ふじ」の生産量は、1982年(昭和57年)に「デリシャス」系を抜いてか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アンチエイジングとナニコレ珍百景」

 アンチエイジングとは、何か。  Weblio辞書によれば、「加齢による身体の機能的な衰え(老化)を可能な限り小さくすること、言い換えると、『いつまでも若々しく』ありたいとの願いを叶えること」とある。  更に、「ホルモン作用・抗酸化作用・免疫調節作用を持つ機能性食品を用いた栄養指導や、筋力・有酸素トレーニングなどの運動指導、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「象形文字・老人ならぬ朗人」

去る12月12日、日本漢字能力検定協会が恒例の「今年の漢字」を決定し、発表した。  2013年の世相を表す「今年の漢字」は「輪」(リン、わ)であり、京都市の清水寺で、森清範貫主が特大の和紙に揮毫した。  「今年の漢字」は、1995年(平成7年)に始まり、昨年で19年目を迎えた。毎年12月12日の「漢字の日」に発表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more