わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、114回目(備忘録)

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。4年8か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

 「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第242回 2020年4月16日週の兼題は、「梅雨寒(つゆさむ)」である。兼題の説明に曰く。

梅雨寒(夏の季語)梅雨前線により雨の日が長く続くうちに、急に冷え込むことをいう。地域によっては北からの風が吹くなどしてさらに冷え込むこともある。


  「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度の16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽わさお  人選 

 梅雨寒の啄木若し二十六

津軽ちゃう  人選

 梅雨寒や醤油に馴染むアジフライ

津軽ちゃう  人選

 梅雨寒し千人風呂に身を預く

津軽まつ   人選

 梅雨寒に酌むや縄文人の宿

篠田ピンク  人選

 梅雨寒や遠嶺の色の萎えて富士

野々原ラピ  並選

 梅雨寒に不老不死の湯黄金咲く


 つまり、メンバー5人で、5人選、1並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で114回目であるが、前回の113回目までで、人選の内訳は、7人選が1回、5人選が14回、4人選が22回、3人選が34回、2人選が20回、1人選が16回、0人選=5並選6回であり、今回は、15回目の5人選である。


 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。


  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント