わさおの俳句ポスト投稿・全員投稿、78回目

 俳句集団「宇宙(そら)」は、2015年9月29日、津軽の地に誕生した。3年1か月が経過したことになる。

 俳句作りの研鑽、活躍の場は、専ら「俳句ポスト365」への投稿による。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトである。

  「俳句ポスト365」の選者は、TBSで木曜日放送のプレバトでお馴染みの、当代超一流の俳人、夏井いつき先生だ。

 「俳句ポスト365」の第206回 2018年10月4日週の兼題は、「炬燵(こたつ)」である。兼題の説明に曰く。

炬燵(冬の季語)古くは囲炉裏を切った上に櫓をのせ布団を掛けたり、また櫓の中に火鉢などを置いたりして暖をとった。現代では電気炬燵が一般的となり、布団の上に板をのせ、食卓などとして利用する。


 「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。入選の「天、地、人、並」の内訳は、各回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句300句、並選の俳句500句だ。人選と並選の入選句は、全体5,000句程度のたった16%にすぎない。

 入選の発表については、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーからの投稿に対する木曜日発表の入選の結果は、次のとおりである。

津軽わさお  人選

 炬燵の耳をラジオ劈く栃若戦

津軽ちゃう  人選

 友来たり炬燵に燃ゆる青春論

篠田ピンク  人選

 木村屋の団子は名代昼炬燵

野々原ラピ  人選
 
 薫子の一部始終は炬燵に訊け

津軽まつ   並選

 炬燵だけ使わば津軽震え来る


 つまり、メンバー5人で、4人選、1並選である。俳句集団「宇宙(そら)」としての投稿は、今回で78回目であるが、前回の77回目までで、人選の内訳は、5人選が11回、4人選が10回、3人選が24回、2人選が12回、1人選が14回、0人選=5並選が6回であり、今回は、11回目の4人選である。

 そして、木曜日における人・並選の俳句の発表後、金曜日には天・地の俳句の発表が行われる。

 天・地の俳句に入るのは、全体5,000句の中で10句だ。至難中の至難である。そのことを十分承知したうえで、それでも、俳句集団「宇宙(そら)」のメンバーは5人全員で、期待を抱く。

 俳句集団「宇宙(そら)」のメンバー全員による天・地の俳句への挑戦は、78回目だ。

 ありがたいことに、26回目の、兼題「秋薊(あきあざみ)」で篠田ピンク君が初の天・地の句、しかも初の天選に輝いた。そして、36回目の、兼題「蕨狩(わらびがり)」で津軽まつ君が、73回目の、兼題「稗(ひえ)」で津軽ちゃう君が、それぞれ地選に輝いた。

 さて、今回は、どうなるか。全体5,000句中の10句に入ることができるか。結果発表までのワクワクドキドキ感、これがたまらない。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。



  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック