なでしこジャパン・「ありがとう、そしてご苦労様」

 2016年2月29日に始まった女子サッカーのリオデジャネイロ五輪アジア最終予選。2016年3月7日、日本対ベトナム戦が始まる前に、中国が韓国に1―0で勝った。その時点で、なでしこジャパンの4大会連続の五輪出場は、なくなってしまった。

 あの強い、我がなでしこジャパンがリオ五輪の出場権を獲得できないんなんて。悪い夢を見ているような感じがする。


 しかし、津軽のシニアブロガーにして俳人、津軽わさおは、なでしこジャパンに対しては、感謝の気持ちしかない。

 2011年3月11日に発生した未曽有の大災害、東日本大震災。その巨大さが日本国中を震撼させ、日本国民が打ちひしがれた。そんな日本を勇気づけ、奮い立たせたのは、なでしこジャパンの大活躍であった。

 2011年6月26日から7月17日にかけてドイツで開催された、女子サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会で、なでしこジャパンは、初優勝を成し遂げてくれた。このなでしこジャパンの大活躍が精神的に日本を救ったと言っても、過言でない。

 続く2012年ロンドン五輪では、なでしこジャパンは、銀メダルを獲得した。

 そして、2015年6月から7月にかけての、約1か月間にわたるW杯カナダ大会、なでしこジャパンの活躍は凄かった。なでしこジャパンの大活躍に、日本国中が熱狂し、日本国民としての誇りを感じ、酔いしれた。

 結果、2015年W杯カナダ大会では、準優勝の栄誉に輝いた。

 つまり、ここ5年間で、なでしこジャパンは、2011年W杯ドイツ大会で初優勝、2012年ロンドン五輪で銀メダル、2015年W杯カナダ大会で準優勝と、燦然と輝く成績を収めてくれた。

 サッカーは、あまたある競技スポーツの中で、メジャー競技の最たるものだ。メジャー中のメジャー競技で、世界最高の3大会において、連続で、優勝、準優勝、準優勝を果たすなんて、奇跡である。

 世界最高の舞台では、優勝又は準優勝が1回だって凄いのに、優勝、準優勝、準優勝の3回連続の快挙だもの。


 今回は、残念ながら、なでしこジャパンは、敗れ去った。敗れたないしは引き分けた相手のオーストラリア、韓国、中国は、いずれも打倒日本に必死で取り組んだ。日本を倒せば、リオ五輪の出場権獲得に近づけるからだ。

 アジア各国は、当然ながら、打倒日本の目の付けどころが違う。結果、なでしこジャパンは、違う付けどころに攪乱されてしまった。攪乱されるままに、混乱し、慌て、我を見失った。何が何だか分からないまま、負け、あるいは引き分けた。

 でも、この5年間、なでしこジャパンには、本当に楽しませてもらった。なでしこジャパンの大活躍に触発され、日本の競技スポーツは、個人戦、団体戦とも、随分と強くなった。    

 なでしこジャパンよ、5年間、ありがとう、そしてご苦労様。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。



  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック