わさおの俳句ポスト投稿・ありがたきこと

 津軽のシニアブロガーにして俳人、津軽わさおは、俳人デビューをしてから11か月未満である。できるだけ早く上達したい。そのためには、ただ漫然と俳句作りに取り組んでいては駄目だ。

 そこで、腕試しと勉強のため、「俳句ポスト365」に投稿している。「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトだ。「俳句ポスト365」では、 隔週ごとに新しい兼題が設定される。

 「俳句ポスト365」には、毎回、全国の700人程度から、3,000句程度が投稿され、そのうち入選句は500句程度だ。残り2,500句は、ボツとなる。17%が入選で、83%がボツというのは、厳しい。

 入選の「天、地、人、並」の内訳は、毎回、天の俳句1句、地の俳句9句のほか、大体、人選の俳句200句、並選の俳句300句だ。

 毎回、思うのは、しっかり200句の人選に、悪くても300句の並選に、入りたい。あわよくば、9句の地選、一等賞の天の俳句に。


 「俳句ポスト365」の選者は、当代超一流の俳人、夏井いつき先生である。夏井いつき先生は、毎週木曜日にTBSテレビで放送される「プレバト」の俳句の毒舌先生だ。その先生に逐一審査され、入選が決まる。

 だから、「俳句ポスト365」での入選が増え、並選→人選と増えていけば、それは、津軽わさおの上達の証となる。

 入選は、木曜日に人・並選の俳句、金曜日に天・地の俳句が発表される。したがって、木曜日は、人・並選の俳句に入っていることを確認したうえで、「プレバト」を観て、更に俳句を勉強することになる。

 そして、明くる金曜日、全体3,000句の中の、9句の地選、一等賞である天選の俳句発表の蓋が開く。

 つまり、隔週で、水曜日から翌々日の金曜日にかけて、ワクワクドキドキの2日間になる。これがたまらなく面白い。


 今週は、第141回 2016年2月18日週の兼題「貝寄風(かいよせ)」に対する投稿の入選結果の発表がなされる。木曜日、人・並選の俳句の発表は、通常14時頃、遅ければ16時過ぎになされる。

 で、「俳句ポスト365」のサイトにアクセスしたら、次のように、お知らせが掲載されている。

2016年3月31日(木)掲載予定でした、兼題「貝寄風」の「人・並選」の結果発表は都合により翌日金曜日に、「天・地」の結果発表と併せて掲載をいたします。

お楽しみにお待ちいただいておりますところ申し訳ございませんが宜しくお願いいたします。

 選者の夏井いつき先生は、日本全国を西へ東へと飛び回り、多忙を極めておられる。先生は、旅の空の下でも、全体3,000の投稿句を一つ一つ、御自らお読みになる。その結果としての入選の発表であり、誠にありがたきことである。

 「人・並選」と「天・地」の一括、一発発表で、結果はどうなるか。あれやこれや頭を巡らせる。それもまた楽しからずやである。


 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。



  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック