なでしこジャパン・「最後まで、頑張れ!!」

 2016年2月29日、女子サッカーのリオデジャネイロ五輪アジア最終予選が始まった。4大会連続の五輪出場を目指すなでしこジャパンは、初戦でオーストラリアにまさかの1―3で敗れ、黒星発進となった。

 長年にわたり、なでしこジャパンを牽引してきた澤穂希選手が引退した後であり、なでしこジャパンの戦いぶりが大いに注目された。が、結果は、1―3での敗戦だ。

 初戦の戦いぶりを観ていると、なんか、なでしこジャパンでないみたいだった。

 第一に、総じてなでしこジャパンは元気がなかった。

 第二に、プレーに粘り強さとか、しつこさがなかった。パスをしても相手ゴール前に持ち上がれない。

 第三に、なでしこの選手をサポートしてくれる選手の連携が不足している。

 第四に、相手選手をマークする守備陣の密着度が足りない。

 第五に、なでしこのプレーの精度が落ちている。

 
 初戦のオーストラリア戦が1―3の敗戦だったので、たった2枠のリオ五輪出場権を獲得するためには、残りを4戦全勝しかない状況に追い込まれた。

 2016年3月2日、2戦目の対韓国戦は、シュート数では、なでしこジャパンは、韓国を圧倒し続けたものの、得点できない。

 後半23分、韓国に与えてしまったPKは、右へのシュートを福元選手が読みきって好セーブ。直後、即座に蹴り出してと、福元選手のスーパープレーで、絶体絶命のピンチを脱した。

 後半39分、川澄選手が上げたクロスに対し、岩渕選手がヘッドで合わせ先制した。待望の1点だ。残りは、5分だし、しのぎきって、今日は勝つ。

 しかし、直後の42分、右からのクロスボールを福元選手が一度キャッチしたものの、ボールをこぼした。それをゴール右へ決められ、同点となってしまった。

 結果、1―1の引き分けだ。2戦を終わって、勝ち点は、たったの1。


 1―3で負けた初戦のオーストラリア戦の戦いぶりよりは、2戦目の対韓国戦の方が良かったものの、なでしこジャパンは、どうも、らしくない。何があってるんだろう。

 初戦の力負け。2戦目の勝ちパターンに、勝てない。ここ5年間観続けてきたが、今まで観たことがないような、なでしこだ。

 でもなあ、5年間躍動し続けた、なでしこジャパンだもの。やはり、精神的な疲れがあるんだよね。常勝するに越したことはないけれど、負けることだってあるよ。

 さあ、今回は、いったいどんな結末が待っているんだろう。でも、なでしこジャパン、最後まで、頑張れ!! 他力本願だけれど、なでしこらしさを思い出し、最後まで、頑張れ!! 

 サッカーの試合ほど、何が起きるか分からないものはないのだから。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。



  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック