津軽のふるさと・わらはんど

 津軽のブロガーにして俳人、津軽わさおは、シニアであるが、もう一花咲かせたいと思っている。咲かせる花が何であるかは、思案中である。まあ、もう一花の花だから、ガツガツする必要もない。

 ただ、世の中の元気なシニアの活躍を見聞きすると、もう一花咲かせる気持ちで生活する方が楽しそうだ。やはり、ワクワクする気持ちが大事らしい。

 わらはんどの頃、と表現してしまったが、わらはんどとは、津軽弁で子ども、子どもたちという意味である。近頃は、津軽でも、純粋な津軽弁を使わない傾向がある。津軽わさおには、それが嘆かわしい。

 津軽わさおは、わらはんどの頃、希望に燃え、一方で前途への不安を感じていた。当たり前だよね。わらはんどにとっては、前途はいつでも、未知なんだもの。未知であるがゆえに不安はつきまとう。が、不安を凌駕する希望がある。

 そうした、わらはんどの頃は、羨ましくもあり、懐かしくもある。


 2016年1月9日、高校サッカー選手権の準決勝が行われた。我が青森県代表の青森山田は、東京都代表の国学院久我山と対戦し、1ー2で敗れ、決勝進出はならなかった。

 しかし、高校サッカー選手権のベスト4まで行ったのだから、素晴らしい。何の種目であれ、全国大会でベスト8入りするのは、凄いことじゃないか。今回は、ベスト4だもの、超凄いよね。

 それにしても、今大会、青森山田の快進撃は、見事である。逆転勝ちあり、大差勝ちあり、ロスタイム4分からの奇跡の逆転勝ちあり、芸術的1点勝ちあり。

 おかげで、津軽わさおは、年末から正月明けの9日まで、10日間も楽しい時間を過ごすことができた。応援に血沸き肉踊る10日間。青森山田高の選手たちは、大したものだ。我が津軽のわらはんどは、大したものだ。

 
 青森山田高の選手たちの人生は、これからだ。希望にあふれながらも、前途への不安もまたついていくことだろう。しかし、彼らには高校サッカー選手権のベスト4という実績、自信がある。これは、大きいよね。

 彼ら津軽のわらはんどは、3年間、否、青森山田中からのわらはんどは、6年間、実によく頑張った。だって、冬は、雪の中でサッカーの練習をしなければならないんだもの。

 どんな才能あふれる選手でも、雪の中、あるいは雪の上では、最初は、てんでサッカーをできないそうだ。そりゃそうだよね。

 だから、よけい彼ら津軽のわらはんどは、大したものだ。よく頑張ったよね。大したものだ。

 津軽のわらはんどの大先輩、津軽わさおは、青森山田高の選手たちの活躍と頑張りに、いたく心を打たれている。

 そして、密かに思う。もう一花咲かせるぞ。

 ワクワクした気持ちがあるが、わらはんどの頃の不安はない。だって、今はわらはんどでないもの。それは、自信でもあり、一つの寂しさでもある。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。



  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック