わさおの俳句教室日誌・「新寺町の豚小屋」~15.12.23分

 12月23日の俳句教室においては、兼題は「火事」、「牡蠣」、「当季雑詠」であり、席題は「冬」、「クリスマス」、「霰」及び「日記果つ」の中から選んだ一題である。

 前回、12月9日の俳句教室は、津軽わさおは、所用のために欠席せざるを得なかった。12月23日の俳句教室における兼題の一つが「火事」だと聞いて、驚いた。何も、「火事」を題にして俳句を詠まなくてもいいだろうに。

 俳句は、楽しんで詠めばいいのであって、「火事」の兼題を提案した女性メンバーの見識はおかしい。

 
 まあ、しかし、決まったものはしょうがない。でも、「火事」で一句詠むには、どうすればいいのだ。そこで、角川俳句大歳時記で「火事」で検索したら、その中に「半鐘台」がある。これだ。東日本大震災の鎮魂の意味合いで、次の一句を詠んだ。

 半鐘台打ち鳴らす先に津波来る

 これを詠んだあと、Kさんに兼題の「火事」は、火事に限るのか確認してみた。そうしたら、広く火事一切ではなく、火事に限るのだという。

 困った。「火事」の題では詠みたくないので、俳句が思い浮かばない。そうしたら、突如、頭の中で、小学生の時、歌った歌が響いた。

 火事だ 火事だ どこ町だ  新寺町の豚小屋だ 豚のけっつ 丸焼けだ

 終戦後間もなく大人も子どもも歌った、伝承歌である。当時、大人から聞いたところによれば、朝鮮人が密造酒を作り、豚小屋に隠していたのをよく警察に摘発されたそうだ。その豚小屋は、彼らの火の不始末で、火事で焼けることがあったという。

 しょうがないがないから、この伝承歌を基にして次の二句を作った。

 火事だどこだ新寺町の豚小屋だ

 火事だどこだ豚のけっつ丸焼けだ



 以下に、12月23日の俳句教室におけるわさおとKさんの俳句を掲げる。

津軽わさお作

  火事だどこだ新寺町の豚小屋だ

 牡蠣食えば芭蕉が唸る瑞厳寺

 半鐘台打ち鳴らす先に津波来る

 冬の津軽お岩木山の白化粧
 

Kさん作

 
 火事だ火事傘を三本脊負たのみ

 牡蠣の汁口いっぱいに幼き日

 雪布団しっかりかけて草眠る

 せっかくの冬大切に時を待つ



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。



  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック