わさおの俳句教室日誌・「雪女」~16.01.13分

 2016年1月13日は、俳句教室における新年の初句会の日である。津軽のシニアブロガーにして俳人、津軽わさおが俳句教室に通う目的は、ただ一つ。竹馬の友にして親友のKさんと五七五で遊ぶことにある。

 俳句教室は、毎月、2回開かれ、その都度、お互いが元気に知的な遊びができる。この日は、Kさんと新年の初顔合わせであり、心新たに俳句作りでの精進を期した。


 1月13日の俳句教室においては、兼題は「隙間風」、「冬かもめ」、「当季雑詠」であり、席題は「雪女」である。

 以下に、1月13日の俳句教室におけるわさおとKさんの俳句を掲げる。

津軽わさお作

 仰げば尊しの響く学び舎隙間風

 冬かもめと宮に詣でる漁師町

 海峡はマンモスの道山眠る

 丑三つに凍える声や雪女
 

Kさん作

 
 隙間風共に暮しし寝姿に

 冬鴎漁師に何と鳴いている

 つかの間の晴間うれしや寒雀

 雪女郎のれんくぐりて消えてゆく



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。



  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック