わさおの俳句ポスト投稿・「涙くれない」

 津軽のシニアブロガー、わさおは、今や俳人でもある。直截に津軽わさおという俳号を持っている。その俳人としての歴史は、始まったばかりだ。

 2015年5月13日からは、小学校5年生時以来の親友、Kさんと一緒の俳句教室に参加し始め、2015年7月17日からは、「俳句ポスト365」に投稿し始めた。


 「俳句ポスト365」は、愛媛県の松山市が運営する俳句の投稿サイトであり、当然、全国から俳句が投稿される。毎週新しい兼題が出されるが、津軽わさおは、果敢に挑戦を続けている。

 津軽わさおが目標としているのは、「俳句ポスト365」において入選することである。

 「俳句ポスト365」では、入選が「天、地、人、並」に分かれる。一般的な捉え方における「特選、秀逸、入選、佳作」に相当する。「並選の俳句」でも、立派な入選句だ。

 目標としては、まずは「並選の俳句」に入ること。そして、いずれは、人→地→天へと、夢は大きく膨らむ。

 津軽わさおによる「俳句ポスト365」への挑戦の歴史を振り返る。

第1回目投稿  ハンカチ     第121回 2015年7月16日週の兼題

 並選の俳句  終戦日白きハンカチ涙ふく      津軽わさお


第2回目投稿   蟋蟀(こおろぎ)  第122回 2015年7月23日週の兼題

 並選の俳句  風の音耳鳴りのようちちろ虫     津軽わさお


第3回目投稿   桔梗(ききょう)   第123回 2015年7月30日週の兼題

 並選の俳句  七十年誓う先に白桔梗        津軽わさお


 以上、3回連続入選である。初回から、堂々の、3回連続入選である。と、表現にどうしても力が入る。


 で、第4回目投稿は、第124回 2015年8月6日週の兼題 「枝豆」に対し、次に掲げる二句を投稿した。

 枝豆と冷奴にて極まれり

 枝豆ににっこり笑うお月様


 「枝豆」の兼題を見た瞬間、なじみ深いから、作れると思ったし、直感で掲句二句を作った。

 2015年9月3日は人・並選の俳句、翌4日は天・地の俳句の結果発表がなされた。あわよくば、の期待を持って、9月4日の結果発表も観た。しかし、どこにも津軽わさおの名前はなかった。

 枝豆を供えられ、お月様は、にっこり笑って下さるのだが、今回の初めての全ボツに対し、津軽わさおは、泣くしかないのである。そこで、一句。

 初全ボツに涙くれない(紅)秋さびし


 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。



  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック