わさお的ダイエット術・「標準体重という壁」

 津軽のシニアブロガー、わさおがダイエットに挑戦を開始したのは、2014年3月8日である。その日における体重等は、次のとおりだ。

 身長 168cm、体重 77.2kg、体脂肪率 25%、腹回り 103cm 

 それから1年3か月が経過した2015年6月20日における体重等は、次のとおりとなっている。

 身長 168cm、体重 62.6kg、体脂肪率 18%、腹回り 82cm 

 差引、1年3か月間のダイエット実績は、次のとおりとなる。

 身長 -0cm、体重-14.6kg、体脂肪率 -7%、腹回り -21cm



 これを振り返ると、我ながら頑張ってきているものである。

 体重-14.6kgとは、10kgの米袋が1.5個分だ。それも、体重-14.6kgとは、肉ないし脂肪ベースでの減少だから、なかなかのものである。


 標準体重という概念がある。標準体重とは、人間が肥満でもなく、やせでもなく、最も健康的に生活ができると統計的に認定される、言わば理想的な体重のことだ。

 標準体重は、標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)× 22 で得られる。

 わさおの身長は168cmだから、標準体重は、1.68×1.68× 22=62.1kgである。2015年6月20日の体重は、62.6kgだから、標準体重まであと0.5kgに迫っていることになる。


 そこで、次に実現すべき目標としては、標準体重の62.1kgがターゲットだ。

 しかし、2015年6月20日に62.6kgと、標準体重まであと0.5kgに迫ったものの、その後は、62.6kg以下を実現できないでいる。

 2015年6月30日の締めは、63.2kgである。まあ、ピーク時体重が77.2kgであったことからすれば、-14.0kgは、万々歳ではあるが。

 そして、直近の7月中の推移は、概ね63kg台をキープしているものの、63kgを切ることができない。63.0kgまでは行くのだが、それを切れないのだ。

 現実問題として、標準体重の62.1kgはターゲットどころか、大きな壁となっている。

 あと0.9kgの63.0kgまでは行くが、その先が難しいのだ。


 でも、気長にチャレンジを続けることにする。

 私が日々実践しているダイエットは、スクワット、こんにゃくダイエット、1時間以上ウォーキングの三点セットの併用である。

 継続は力なり。コツコツと努力を継続するのみ。

 人生日々挑戦、青春は一生、である。幸い、時間はいっぱいある。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。



  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック