なでしこジャパン・「立て直してほしい」

[なでしこジャパン] ブログ村キーワード

 
 サッカー女子ワールドカップ(W杯)で、2015年6月13日、なでしこジャパンは、カメルーンに2-1で勝った。これで、6月9日の対スイス戦における1-0の勝利に続き、2連勝である。

 なでしこジャパンが2連勝で、真っ先に決勝トーナメント進出を決めたのはいいのだが、なでしこジャパンの戦いぶりを観ていると、なんか物足りなさを感じてしまう

 1次リーグC組の日本は、次のエクアドル戦は、実力からして大勝し、C組を1位で通過するのは間違いない。が、決勝トーナメントを勝ち進むには、早急にチームを立て直してほしい。


 2015年6月13日の対カメルーン戦。なでしこジャパンの戦いぶりは、前半は、見事であった。

 
 前半6分。川澄奈穂美選手が上げた右クロスに内股走りの鮫島彩選手が反応し、先制点を挙げた。鮫島彩選手のプレーが素晴らしいが、川澄選手の右クロスにさわらず、これをやり過ごした大儀見優季選手の判断も光る。

 前半17分。宮間あや選手が左CKにおいて、ショートコーナーを選択して、その返し球をキックし、ゴール右端方向に上げた。これを菅沢優衣香選手が豪快にヘディングシュートで決め、2点目。

 やはり、宮間選手は、ボールをキックすることにかけては天才であり、世界一だ。だって、ドンピシャリなんだもの。それと、菅沢選手がヘディングで一発決めしてくれたのは、彼女の大きな自信になる。こういう場面、今までは、菅沢選手はなかなか決めることができなかったからだ。

 日本が前半の20分までに2点を連取したことで、この後、後半も、当然に1、2点は入れてくれるなと思ってしまう。

 しかし、その後、とりわけ後半は、なでしこジャパンの戦いぶりに、良いところがなかった。後半のシュート数は、日本が1で、カメルーンが14だ。

 後半、日本は、やられっぱなしだった。ボールは、取られっばなし、シュートは、打たれっばなし。そして、日本は、相手ゴールに攻め込むことすらできない。

 カメルーンは、シュート数14だが、大半は下手な鉄砲だから、日本にとっては幸いだった。しかし、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる。圧倒的なカメルーンの攻撃を観ていると、なでしこがやられる、やられるという調子が強まる。そして、ゲーム終了間際に、1点取られてしまった。

 やられる、やられるといった調子の中で、これをしのぎ切るどころか、ああやられちゃった、だもの。

 対カメルーン戦は、2-1で勝ったが、今後に大きな課題を残した。

 思い起こせば、初戦の対スイス戦も、1-0で勝ちはしたが、後半は、スイスに押されに押されっぱなしであった。なでしこジャパンの戦いぶりに、試合後半は、良いところが出ないのはなぜなんだろう。


 津軽のシニアブロガーは、なでしこジャパンを応援するに当たり、選手の起用方法にも関心を持っている。

 対カメルーン戦では、後半10分に川澄奈穂美選手から大野忍選手に交代した。私は、大野選手が途中出場するとしても、川澄選手がなぜ替わるんだろうと思った。

 筋肉ウーマン、体脂肪率1ケタ台の川澄選手。彼女は、前回W杯でのシンデレラガール的な衝撃デビューを経て、今やなでしこジャパンの要中の要だ。なでしこジャパンの試合で、前後半90分、更に延長戦30分にわたって走り回り、しかも、試合終了間際に、試合場の自陣の端から相手ゴールまで独走するなんてこともやってしまう。

 日本の形勢不利のとき、相手を切り崩し、かき回すのは川澄選手の得意中の得意である。

 今回のカメルーン戦、後半開始早々、川澄選手が退いたことで、日本の劣勢に拍車がかかったように観えるのだ。

 だから、今後は、川澄選手を途中交代させることなく、フル出場させてほしい。

 いずれにしても、対カメルーン戦のままじゃ、この先が心配になる。W杯連覇のために、早急になでしこジャパンの態勢を立て直してほしい。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。



  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック