高橋大輔選手・後輩たちは今、「村上大介選手、NHKのアホさ加減」

[高橋大輔選手] ブログ村キーワード

 今、2014年11月28日、午後8時50分。津軽のシニアブロガーは、ただ今、この瞬間、NHKのアホさ加減に腹を立てている。

 最近におけるNHKの放送への取り組み姿勢には、疑問を持つことが少なくないのだが、今日という今日は、疑問どころか、怒りが湧いてくる。NHKは、何をやっているのだ。受信料返せ、だ。


 本日、フィギュアスケートのグランプリシリーズ第6戦NHK杯のショートプログラム(SP)が行われた。

 NHKの総合テレビで、午後7時30分から男子のSPの放送が始まった。放送開始時点で、出場全11選手中、確か、3人の演技が終わっていて、日本の村上大介選手が1位だという。79.68点で、村上大介選手の自己ベスト更新だそうだ。
 

 ヘェーッ、凄いね。で、村上大介選手って、誰? 村上大介選手はもちろん、そのファンの方々や関係者の皆様には申し訳ないが、私は、村上大介選手のお名前を聞くのは初めてである。お名前もお顔も知らない。当然、演技は観たことがない。 

 しかし、グランプリシリーズに出場し、自己ベストを更新するとは、凄いことである。

 放送開始時点で、自己ベスト更新で1位につけていると聞くと、どんな人なの、と知りたくなるし、どんな素晴らしい演技なの、早く観たいと思う。フィギュアスケート好きなら、誰しもそう思う。ましてや、村上大介選手のファンの方々や関係者の皆様だったら、なおさらだろう。

 
 ライブでの放送が進行する。前半の5人の選手が終わった時点で、依然として、村上大介選手が79.68点で1位だ。なおさら、村上大介選手のお顔を観たいし、実際の演技を観てみたい。が、ライブでの放送が続き、村上大介選手の演技をチラッとも放送してくれない。

 後半出場の6選手による6分間練習が始まる。この間に、村上大介選手の演技をチラッと観せてくれてもいいんじゃないの。しかし、NHKのアホどもは、そこまで頭が回らない。

 後ろから4番目出場のアメリカのアボット選手がベテランらしい安定感あふれる演技を披露する。アボット選手が81.51点で逆転した。それでも、村上大介選手が79.68点で2位だ。

残りの3選手の演技が続く。ロシアのボロノフ選手、日本の無良崇人選手、羽生結弦選手の順である。3人とも強豪選手だから、村上大介選手は、結局、5位になってしまうのかな。

 しかし、全選手の演技が終わり、男子のSPでは、1位 無良崇人選手 86.28点、 2位 アボット選手 81.51点、3位 村上大介選手 79.68 点だ。村上大介選手は、自己ベスト更新で、堂々の3位である。

 全選手の演技が終わったのは、確か、午後8時30分ちょっと過ぎである。放送終了の午後8時45分までは、15分近くもある。さあ、村上大介選手を観れる。村上大介選手の演技を観れる。
 
 しかし、信じられないことに、待てど暮らせど、村上大介選手も、その演技も放送されない。

 その間、NHKのアホどもは、何をしていたか。NHKのアホどもは、羽生結弦選手が5位に沈んだことについて、アーダコーダ、前回中国大会時の怪我についてアーダコーダ、今回出場したことについてアーダコーダ、を延々とやっている。

 しかも、NHKの放送スタッフみたいな役割の、浅田姉、織田信成氏、鈴木明子氏の出番は確保しなきゃ、てな調子で時間を使うのだ。

 今、大事なのは、村上大介選手を、その演技を、放送することだろうが。ほんの2、3分もあれば、放送できるだろうが。

 しかし、信じられないことに、その大事なことをスルーしたままで、フィギュアスケートの放送が終了してしまったのである。

 NHKの放送スタッフたちは、アホどもの集団である。それも、揃いも揃って、大アホどもたちである。そんな大アホどもたちは、全員クビだ。その上で、受信料を返せ、だ。


2014年10月14日、世界フィギュアスケート界を牽引してきた高橋大輔選手が現役を引退し、一つの区切りをつけた。だから、10月14日は、「大輔引退記念日」である。この先、折に触れて「大輔引退記念日」に思いを致すことになるだろう。

 私にとっての高橋大輔は、元々、あくまでも、生きるか死ぬかの勝負を挑むフィギュアスケートの選手である。ゆえに、「大輔引退記念日」の前も後も、高橋大輔選手と呼んでいる。

 今、日本選手のフィギュアスケートの演技を観る時、常に、頭の中には、高橋大輔選手の雄姿が観えている。生きるか死ぬかの勝負を挑むフィギュアスケーター、高橋大輔選手。その高橋選手の演技姿越しに、日本選手の演技が観えるのだ。

 だから、素晴らしい演技は素晴らしく、そうでない演技はシビアに観ることになる。

 「大輔引退記念日」の後、後輩選手たちの活躍が目覚ましい。

 2014年11月28日、もう一人、村上大介選手という素晴らしい選手がいることを知った。残念ながら、ただ今現在、村上大介選手のお顔も、演技も、何もかも知らない。

 しかし、これからは、大いに、もう一人のダイスケ選手、村上大介選手に注目していきたい。

 頑張れ、村上大介選手!!



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。



  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村






この記事へのコメント

夏みかん
2014年11月29日 23:48
はじめましてm(__)m

五七日記さんに激しく同意します!!
あまりの怒りに、検索してお邪魔しましが、同じ思いの方がいらっしゃったのだなあと、嬉しいというのもなんですが...。
村上大介君フリーも2度の4回転サルコー含め、ノーミスの素晴らしい演技でしたよね。ただただ驚き(〇o〇;)です。
それなのに民放顔負けの偏りぶりで、人気実力ともにある選手を放送するなとは言わないけれど、まだまだ無名とはいえ結果を出した自国の選手をないがしろにするとは、全く持って許せませんね。
結局今日も、SPの演技は放送無しで、皆がBS見られる訳では無いのに、今までこんなに酷かったかなと思うのですが。
特定の選手を応援していても、競技そのものが好きな人は、いい演技は見たいですし、知らなかった選手なら尚更見たいのではないでしょうか。
村上大介君はグランプリで毎年かは定かではありませんが出ていて、正直記憶に残る演技は今までなかったので、今回の演技で俄然注目です。後、憧れだったか目標だったか、確か私もファンである高橋君だったと思います。(誤情報だったらごめんなさい)
あまりの腹立たしさに、抑え切れず失礼いたしました。

この記事へのトラックバック