高橋大輔選手・後輩たちは今、「無良崇人選手、まさに怪人現る」

[高橋大輔選手] ブログ村キーワード

2014年10月14日、世界フィギュアスケート界を牽引してきた高橋大輔選手が現役を引退し、一つの区切りをつけた。だから、10月14日は、「大輔引退記念日」である。この先、折に触れて「大輔引退記念日」に思いを致すことになるだろう。

 私にとっての高橋大輔は、元々、あくまでも、生きるか死ぬかの勝負を挑むフィギュアスケートの選手である。ゆえに、「大輔引退記念日」の前も後も、高橋大輔選手と呼んでいる。

 今、日本選手のフィギュアスケートの演技を観る時、常に、頭の中には、高橋大輔選手の雄姿が観えている。生きるか死ぬかの勝負を挑むフィギュアスケーター、高橋大輔選手。その高橋選手の演技姿越しに、日本選手の演技が観えるのだ。

 だから、素晴らしい演技は素晴らしく、そうでない演技はシビアに観ることになる。


 「大輔引退記念日」の後、後輩選手たちの活躍が目覚ましい。

 その中に、高校と大学で高橋大輔選手の後輩である選手が二人いる。

 一人は、町田樹選手だ。

 町田選手は、昨シーズンは、ソチ五輪で5位入賞、世界選手権で銀メダル獲得と、今や世界で誰しも認める強豪選手だ。

 町田選手は、高橋大輔選手に憧れ、高校及び大学共に彼の背中を追って今日に至っている。いずれも高橋選手の母校である岡山県の倉敷翠松高校、関西大学でスケートの技を磨いてきた。その結果、実力を付け、堂々たるものだ。
 
 今シーズンは、グランプリシリーズ第1戦アメリカ大会で二連覇、第5戦フランス大会で準優勝と、早々と、グランプリシリーズファイナル進出を決めている。

 もう一人は、無良崇人選手だ。最近まで無良崇人選手のことは何も知らなかった。お名前も、何て読むの?だった。むらたかひと、と読むそうだ。人生で初めて聞く名字である。彼のフィギュアスケートの演技を観た記憶もない。

 フリー百科事典のウィキペディアによれば、無良選手は、「駒場学園高等学校から倉敷翠松高等学校に移り、2009年4月より中京大学に在籍」とある。ということは、高校は、高橋大輔選手の後輩ということになる。
 
 無良崇人選手は、グランプリシリーズ第2戦カナダ大会で優勝している。


 無良崇人選手の演技は、第2戦カナダ大会のテレビ放送で初めて観た。彼の印象は、フィギュアスケートの曲名にピッタリであり、まさに怪人である。

 「オペラ座の怪人」の曲は、無良選手以外にも、世界で男子も女子も使っている。が、無良崇人選手こそが「オペラ座の怪人」だ。

 崇人という名の怪人現る、である。第2戦カナダ大会で世界のフィギュアスケートファンの前に、まさに怪人が現れたのだ。

 4回転トウループは、高さがある。4回転3回転のコンビネーションは、高さと幅がある。演技全体には、重厚感がある。つまり、安定感でどっしりしているのだ。こうした重厚感は、無良選手以外には出せないものではなかろうか。

 タキシード風の衣装に白と黒の手袋がいい。危なげがまったくない。まさに、「オペラ座の怪人」そのものだ。大したものである。

 彼は、長身で体がいい、ように観える。身長は170cmとあるが、いやいや180cmくらいはある印象だ。それほど、演技が大きいということだろう。

 第2戦カナダ大会では、最高の演技を観た。充実感いっぱい。ミスはまったくなし。すべてのエレメンツでプラスの要素。

 演技終了後のキスアンドクライ。自己ベスト更新を目にし、大粒の涙を流す無良崇人選手。彼の背をさすり、共に大喜びするコーチがお父さんである無良隆志コーチだという。

 これを観て、実にいい親子だと思う。そこに、フィギュアスケートにおける父子鷹(おやこだか)の姿を観る。

 来る11月28日から開催されるフィギュアスケートのNHK杯。ここで、無良選手は、4位以内に入れば、グランプリシリーズファイナルに進出できるという。

 しかし、グランプリシリーズファイナルへの進出を決めるのはもちろんだが、無良崇人選手の重厚感あふれる最高の演技を観たい。

 無良崇人選手しかできない最高の「オペラ座の怪人」を観たい。

 キスアンドクライで父子鷹が再び大喜びする時、日本フィギュアスケート界にとって、特別な日になるだろう。

頑張れ、無良崇人選手!! 頑張れ、父子鷹!!



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。



  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック