人生日々挑戦・「ブログ訪問者数5万人達成に感謝!!」

人生日々挑戦。青春は、一生である。

津軽のシニアブロガーが「人生日々挑戦 」の一環として挑戦しているのは、ブログを書くことだ。1日1件のブログ記事を書くことを目標としている。
  

 ブログを開設したのは、2013年6月26日からであり、シニアナビでブログ記事を書き始めたのが最初だ。シニアナビでブログを開設した後、外部ブログも開設している。

 シニアナビは、シニアだけのエリアだが、外部ブログは、当然、全年齢層が対象だ。まあ、自分と同類項のシニアのエリアもいいが、オールジャパンのエリアで、老若男女というか、むしろ若老女男とも表現すべき人々と交流するのも、また楽しからずやである。


ブログを書くに当たって、励みになり、やる気が出てくるのは、なんといっても、読んで下さる方々の存在である。ありがたいことに、読んで下さる方が増えていけばいくほど、やる気も増していくというものだ。

 私が外部ブログを開設したのは、2013年7月24日からであり、シニアナビでのブログ開設の1か月後のことである。

 その当時、ネットで2013年8月10日付けの「ブログアクセス件数、20万突破」というタイトルのブログ記事を目にした。記事の中身は、要するに、「定年退職した翌年に始めたブログのアクセス件数が8年足らずで20万件を超えた」というものだ。

 このブログ記事を読んで、ブログアクセス件数の20万件突破に圧倒された。ブログアクセス件数が20万件、まあ、ブログ訪問者数では20万人なんて、とてつもないように思えた。

「ブログアクセス件数、20万突破」つまりは「ブログ訪問者数20万人突破」に触発されて、2013年8月28日、私のブログにカウンターを設置した。

 その時、いずれは、自分も「ブログ訪問者数20万人突破」を実現するぞ、と決意した。それが何年後になるかは、分からない。

 それでも、人生日々挑戦。青春は、一生である。何事にも挑戦すること自体が大事だ。


 あれから、1年と12日目の2014年9月9日、私のブログのカウンターは、累計訪問者数が50,155人と、ブログ訪問者数5万人達成を表示している。

 時あたかも、2014年9月9日。テニスの錦織圭選手が、男子シングルスで、日本選手初の全米オープン準優勝を成し遂げた。

 錦織選手は、テニスの男子シングルスで、日本選手として、四大大会では81年ぶり、全米オープンでは96年ぶりにベスト4進出を果たしたどころか、準決勝も突破し、初の決勝進出を決めたのだ。決勝では敗れたものの、堂々の全米オープン準優勝という歴史的快挙である。
 
 錦織選手が成し遂げた歴史的快挙の話題に日本中が沸騰している中、津軽のシニアブロガーは、錦織選手を祝福するとともに、同じ日にブログ訪問者数5万人達成を実現できたことに感謝している。

 津軽のシニアブロガーにとっては、1年と12日目でのブログ訪問者数5万人達成は、ささやかではあるが、歴史的快挙なのである。

 自分の備忘録として、道のりを振り返る。

 私のブログのカウンターにおけるブログ訪問者数の累計数と1日当たり平均訪問者数の推移は、次のとおりである。いずれも、カウンター設置日の2013年8月28日を起点とする。

1万人突破 2014年3月29日 10,026人 この間、213日間。1日当たり 47人。
2万人突破 2014年5月15日 20,263人 この間、 47日間。1日当たり218人。
3万人突破 2014年6月 8日 30,019人 この間、 24日間。1日当たり407人。
4万人突破 2014年7月21日 40,144人 この間、 43日間。1日当たり235人。
5万人突破 2014年9月 9日 50,155人 この間、 50日間。1日当たり200人。

トータルでは、377日間で50,155人であるから、1日当たり平均訪問者数は、133人である。

今、しみじみと来し方を振り返りつつ、ブログ訪問者数5万人達成について、これまでブログを訪問下さり、応援して下さっている方々に対し、深甚なる感謝の意を表するものである。併せて、今後についても、よろしくお願い申し上げる次第である。

 人生日々挑戦。青春は、一生である。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。



  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック