サッカー日本代表・「楽しみをありがとう」

[サムライブルー] ブログ村キーワード

津軽のシニアブロガーは、日本国民だから当然、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会でサッカー日本代表を全力応援している。それと同時に、サッカー試合の勉強にも余念がない。

サッカー日本代表の攻撃パターンの武器は、FW香川真司選手とDF長友佑都選手とで左サイドを崩しながら、相手ゴール前に攻め上がり、クロスボールを上げて、右サイドからFW岡崎慎司選手が飛び込んで仕留める、だ。

 この武器が機能している一証左としては、DF長友選手が左サイドを駆け上がっていくことだ。長友選手の駆け上がりが頻繁であるほど、日本代表の調子がいいとなる。

 DF長友選手が左サイドを崩しながら、駆け上がるに連れて、当然、日本チーム全体が相手陣地に押しこんでいくことになる。

 FWラインからMFラインまでの間、MFラインからDFラインまでの間、それぞれを10mくらいの等間隔にコンパクトに保ちながら、日本チーム全体が進撃していくのがいいパターンだ。

 この、それぞれが10m間隔を保てず、それぞれが20m間隔ほどに間延びした状態になると、日本の得意パターンでないことになる。この状態は、守りを固めているようなもので、攻撃の厚みがないことになってしまう。

 それとともに、前線で相手チームに数的優位を作られてボールを上手く回されると、日本のワントップとトップ下の選手が翻弄され、孤立してしまう。


 コートジボワール戦では、日本は、得意の攻撃パターンを構築することができず、負けるべくして負けてしまった。

 コートジボワールの戦略は、日本の左サイドを徹底的に狙うこと、その過程で、日本の前線では数的優位を作りながらボールを上手く回すことだった。この戦略に、日本は、まんまとハマってしまった。
 
 その結果、前線の大迫勇也選手と本田圭佑選手は孤立し、いたずらに走らさられて消耗。

 そして、左サイドの香川選手と長友選手は、相手の攻撃にさらされ、逆に、崩されてしまった。防御一点張りで、攻撃どころの騒ぎでない。守備に忙殺され、攻撃にいけないまま、これまた消耗。

 結果、香川選手のシュートはゼロ。長友選手の左サイドの駆け上がりもなし。日本は、負けるべくして負けてしまった。

 つまり、日本の勝ちパターンでは、FW香川選手とDF長友選手とで左サイドを崩しながら、相手ゴール前に攻め上がり、クロスボールを上げて、右サイドからFW岡崎選手が飛び込んで仕留める。

 逆に、日本の負けパターンでは、FW香川選手とDF長友選手の左サイドが崩され、そこにくぎ付けだ。そこからクロスボールを上げられ、相手選手が合わせてゴールされてしまう。

 初戦のコートジボワール戦は、1-2の逆転負けを喫し、日本は、次のギリシャ戦に、何が何でも勝たなければならない。日本の勝ちパターンで試合を進めるのみだ。

 6月20日午前7時開始を、気合いを入れて待つ。


6月20日午前7時、キックオフ。

 しかし、この試合、香川真司選手がよもやのベンチスタート。コートジボワール戦における左サイドの香川選手のところには、右サイドから岡崎慎司選手が回り、そのあとには、大久保嘉人選手が起用された。

 コートジボワール戦で何かに怯えたかのように、本来の動きがまったくできず、シュートゼロで、守備に忙殺された香川選手。それが大きな原因で敗れたことの後遺症のような香川選手の先発外れ。

 何が何でも勝たなければならなかったギリシャ戦。だが、日本代表は、ボール支配率68%と圧倒し、ギリシャの倍近くのシュート15本を打つなどの健闘をするも、0-0の引き分けに終わってしまった。

 後半11分、香川選手が交代出場するも、日本は、得点することができなかった。

 全力応援にもかかわらず、日本代表が引き分けに終わったことは、残念である。

 しかし、初戦のコートジボワール戦は1-2の逆転負け、二戦目のギリシャ戦は0-0の引き分けの熱戦を観て、考える。

 私たち、日本国民は、日本代表に勝ってほしいから、全力で応援する。日本代表の選手たちは、日本国中の期待を一身に背負い、全力で戦う。が、なかなか勝てない。残念は残念である。

 でも、一番大変なのは、日本代表選手23名、関係スタッフ、そしてザッケローニ監督である。一番悔しいのも、彼らである。

 だから、考え方をを少し変えることにした。

 日本代表には、勝ってほしいし、頑張ってほしい。その気持ちを最後まで持ち続け、全力応援しつつ、今は、彼らに「楽しみを与えてくれて、ありがとう」と言いたい。

 日本国中の期待を背負い、国の名誉をかけて、全力で戦う日本代表チーム。結果は、勝つか負けるかであるが、それと同時に、私たちに、全力応援する楽しみを与えてくれている。そのことに、ありがとうと言いたい。

 勝負は時の運だ。勝つこともあれば、負けることもある。誰もが、勝ちたいと思っても、負けることもある。

 とかくこの世はままならない。とかく人生はままならない。

 だから、一生懸命戦ってくれれば、それでいい。全力応援する楽しみを与えてくれて、ありがとう、である。



 私の人気ブログランキングへの応援のため、
 ポチッと↓をクリックお願いします。



  
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック