「ブログの天才」の凄まじい、素晴らしさ

私がブログを開設し、記事を書き始めたのは、2013年6月26日だ。同日、「99歳の最高賞受賞者」と題して初めてのブログ記事を書いた。

それは、文挟(ふばさみ)夫佐恵さんが史上最年長の99歳で俳句界最高の栄誉と謳われる蛇笏賞を受賞したことについて、書いたものである。

 文挟さんが蛇笏賞を受賞したことの意味は、言わば、俳句のオリンピック大会で金メダルを獲った、しかも、99歳の選手が獲ったということだ。バリバリの若者も含め、朗若男女が広く相集う中で、なんと99歳が堂々の第一位。

 それとともに、文挟さんがが99歳になるまで句作に精進を続けてこられたことが驚きだ。おそらく、句作は90年近くも営々と続いてきたのだろう。

 こうした文挟さんの精進に触発され、ブログを始めたことで、津軽のシニアブロガーが誕生したわけだ。

 ブログ開設から間もなく10か月になる。文挟さんの句作90年に比較すべくもないが、自分としては、結構やるなお主といったところだ。


 ブログ記事を書き続けてきた過程では、ブログにアクセスしたり、ブログを訪問してくれ、ブログ記事を読んでくれる人の存在がありがたい。そうした人が増えていけば、いくほど、書く意欲も増していく。

 ブログ開設当初、ブログへのアクセス者、ブログへの訪問者が10人未満で推移していた頃は、寂しかったものである。

 
 しかし、継続は力なり、だ。頑張っていれば、アクセス者数や訪問者数は増えていくものである。

 トータルアクセスの1日当たり平均数は、10月が21、11月が42、12月が60、1月が106、2月は125、3月は130と推移してきている。この間、1日当たり最高では、229人だ。

 ブログへの1日当たりの平均訪問者数は、10月は14、11月は29、12月は39、1月は72、 2月は84、3月は87と順調に推移している。

 ブログには、訪問者数をリアルタイムで示すカウンターが設置されている。この訪問者数の数値は、トータルアクセス数の数値より小さい。

 なぜかというと、グーグルなどの検索エンジンがインデックスに追加したり、新しいページや更新されたページを検出するため、クローラーによりブログにアクセスする。このクローラーアクセス数をトータルアクセス数から差し引いた数が訪問者数である。というのが私の理解だ。

 それで、トータルアクセス数に3分の2の数値、つまり0.67を乗じると、訪問者数の数値になる計算である。

 ブログへのアクセス数については、ネットで、1日の平均アクセス数が50以下のものが調査対象ブログ全体の80%だったという記事を見た。アクセス数が500を越えるブログにいたっては、全体のたった1.7%だそうだ。

 私のブログへの1日の平均アクセス数は、昨年12月以降、50を越えており、ブログ全体のアクセス数が多い方の20%入りはとっくに果していることになる。現在の1日の平均アクセス数は、130だ。

 目標は、アクセス数が500を越え、全体のたった1.7%の中に入ることであるが、現在は130だから、先はまだまだかなり遠い。

 一方、目標アクセス数が500ということは、それに0.67を乗じた訪問者数では、335、まあキリのいい数字で350となる。現在は87だから、先はまだまだかなり遠い。

 アクセス数の500越え、訪問者数の350越え、これが津軽のシニアブロガーの目標である。 


 ところで、アクセス数の500越え、訪問者数の350越えを果たしている、全体の1.7%に入るブログって、一体どんなブログなのだろうか。

 全体のたった1.7%しかないわけだから、そういうブログには滅多にお目にかからない。これまでに、遭遇したのは1件だけである。

 私のブログを訪問される方のブログであり、駅前モニュメント、鉄道、飲料、食べ物について、写真付きで書かれている。年齢等は今のところ皆目分からない。直近1週間の1日当たりの平均訪問者数は、堂々の300である。

 そうしたら、4月12日、とてつもなく驚くブログに出くわした。

 最近、私は、「STAP細胞」疑惑の問題点に関し、一連のブログ記事を書いてきた。このため、「STAP細胞」疑惑関連のブログ記事について、ネットサーフィンしていたのだ。

 その4月12日、STAP細胞の「不正」とは何だったのか、というブログ記事がヒットした。

 ブログは、livedoor Blogの物理・化学分野の有機化学美術館・分館というブログだ。説明は、HP有機化学美術館のブログ版。タイムリーな話題、短いテーマをこちらで取り上げます。とある。

 目にしたのは、4月12日土曜日の午前10時前後だ。訪問者数を表すカウンターの数値が目に入った。訪問者数は、今日28,572、昨日2,245とある。ナヌ!! ナンタルチア!!

 驚いた。訪問者数の350越えでも、全体のたった1.7%入りであり、凄いことなのに。昨日2,245だ。そして、あろうことか、土曜日の午前10時前後で、今日28,572なのだ。

 そして、翌、4月13日日曜日の夕方時点のカウンター数値を示す。訪問者数は、今日14,867、昨日50,728、累計2,418,539とある。ナヌ!! ナンタルチア!!

 4月11日午後10時頃に投稿されたブログ記事。4月12日、1日の訪問者数が50,728なのだ。サッカー日本代表の試合だって、5万人の観客数は少なくない。で、このブログは、5万人もの訪問者数だよ。

 累計2,418,539って、いつからなの? 過去の記事を見てみたら、2006年5月が一番古いから、2006年5月が開始年月になる。ということは、約8年経過だ。8年で割り返すと、1日当たりの平均訪問者数は、828になる。

訪問者数828だと。驚天動地。びっくり仰天。驚き桃の木山椒の木。

 ブログの主については、ネット先生が教えてくれた。そのブロガーは、来月で44歳になるフリーのサイエンスライターだ。サイエンスライターになる前は、応用化学系の大学を卒業し、国内製薬企業に入社し、創薬研究に従事されている。

 元々は科学者のサイエンスライターであり、科学ジャーナリスト賞も受賞している。

 まあ、バリバリの若手サイエンスライターにして、元々は科学者だ。それにしても、ブログ記事への1日の訪問者数が5万人とは、凄まじく、素晴らしい。

 津軽のシニアブロガーに言わせれば、このブロガーは、「ブログの天才」である。

 たった1日で訪問者数5万人を集める天才ブロガーが書いたブログ記事、STAP細胞の「不正」とは何だったのか、については、皆さんの目でとくとご覧あれ。さすがに、分かりやすく、面白いものだ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック